折本かおり
(出典:Pinterest)

折本かおりは人気ライトノベルである「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称:俺ガイル)」に登場する女の子です。登場人物の中でも特殊な役割を持つ人物の様で、主人公に対する態度や軽い性格などから視聴者からは「クズ」と呼ばれている事がある様です。
彼女の癖であり良く会話中に登場する「それある」は視聴者の間でも有名になっている様です。また、折本かおりをヒロインとする「折本エンド」の噂もささやかれている様なので、それに関連するSSや同人誌を踏まえながら紹介していきます。

【俺ガイル】折本かおりとは

俺ガイル 折本かおり
(出典:Ameba)
折本かおりはライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称:俺ガイル)」に登場する人物です。本項目ではまず、折本かおりという人物を知る為に彼女の性格や容姿などを踏まえながら、「俺ガイル」の作品自体も紹介していきます。

俺ガイル

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称:俺ガイル)」は、2011年3月~2019年11月に渡って渡航さんによって刊行されたライトノベルです。俺ガイルは、ガガガ文庫から本編14巻と外伝3巻による全17巻出版されており、大人気の学園のラブコメ作品として注目を集めました。
人気を博した俺ガイルは、2013年4月~6月にアニメ第一期が、2015年4月~6月にアニメ第二期が放送され、2020年7月の現在完結編である第三期が放送しています。

性格

折本かおりの性格は、良く言えば「明るくフレンドリー」、悪く言えば「少しデリカシーに欠ける」性格です。誰とでも気軽に話せるような明るさと接しやすい雰囲気がありますが、裏を返せば「どうでもいい相手に対しても気安く接する」という事でもあります。主人公の比企谷八幡は中学時代の八幡は彼女に告白して玉砕しており、この件を翌日にクラス内で笑い話として広める等性格が悪い面もある様です。この事に関して彼女は、「単なるどうでもよい話」として話していただけで悪気があった訳ではありません。この様に、「誰の事でも軽く考えてしまう」性格でもあります。

容姿

折本かおりの容姿は、肩まで伸ばした明るい茶髪に軽いウェーブをかけた如何にも「ギャル」という言葉が似合いそうな容姿をしています。作中では数少ない他校の制服を着ているので印象深いです。

人間関係

折本かおりは主人公の通っている千葉市立総武高等学校の生徒ではない為、高校での人間関係については殆ど描写がありませんでしたが、中学ではかなり広い交友関係を持っていました。主人公比企谷八幡とは同じ中学の同級生で、比企谷から告白された過去があります。
また、比企谷の友人である葉山隼人に片思いしている様です。

声優:戸松遥

戸松遥
(出典:ナタリー)
折本かおりの声優は戸松遥さんです。

代表作は、
・「ソードアート・オンライン」のアスナ/結城明日奈役
・「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の安城鳴子役
・「To LOVEる -とらぶる-」のララ・サタリン・デビルーク役

などで有名です。明るく元気なキャラクターを努める事が多いのですが最近ではクールなキャラクターも数多く演じています。
『Q&A リサイタル!』が平成アニソン大賞声優ソング賞に選出される程、歌が上手くキャラソンも数多く出しています。

折本かおり役については彼女の明るさや接しやすさを良く引き出していると共に、折本かおりのキャラソンも出している様です。

【俺ガイル】折本かおりの変遷

折本かおりは性格に少し問題がある人物の様ですが、話しを経る度に少しづつその性格や人間関係も良い方向へと向かって行く様です。なので、ここでは折本かおりの作中での変遷を登場時から紹介していきます。

中学時代の関係


(アニメ 第1期1話)
折本かおりと主人公である比企谷八幡の関係は中学時代から続いています。比企谷と折本かおりは同じ中学に通っており、誰に対しても気軽に接する彼女は、当然比企谷にも同様に接しますが、その態度に勘違いした比企谷は折本に告白してしまいます。何とも思っていなかった彼に告白された折本かおりは、デリカシーに欠ける性格を持っていたため、即座に彼を振ってしまいます。

告白後


(アニメ 第1期1話)

折本かおりに振られ玉砕した比企谷八幡は、かなり落ち込みます。しかし、翌日もっと悲惨な光景を見ることになります。人の気持ちを軽く見る傾向がある折本かおりは、彼の告白をクラス中に言いふらしていたのです。それによって、彼はからかわれるようになり、笑い者にされてしまいます。この出来事は彼にとって人間関係のトラウマにになってしまい、高校に進学してもそれは変わりませんでした。

高校での出会い


(アニメ 第二期3話)

折本かおりは、比企谷八幡の通う総武高校に同じく通っている葉山隼人を気にかけており、彼を紹介して欲しいとかつての中学校の同級生の八幡に頼む事になります。そして、葉山を誘ってダブルデートをしてほしいという話しになります。
ダブルデート時には、友達として普通に話していましたが、終了間際のカフェで折本かおりはお気に入りの葉山から八幡を見下すような態度を注意されてしまいます。
そして、進学校に通い他の女の子と楽しそうに話している八幡の姿を見て少し態度を改めます。
その後、八幡が通っている総武高校と折本かおりが通っている海浜総合高校とで協力してクリスマスイベントを開催することになり、その計画を立てる会場で再会します。

クリスマスイベント


(アニメ 第二期10話)

クリスマスイベント準備中、一色いろはに比企谷八幡と折本かおりの関係を指摘されますが、その時折本は以前の様に中学校での告白で彼を貶したり、からかったりする態度はしなくなっていました。その後のクリスマスイベント直前、折本は比企谷に対して八幡のことを過小評価していたと打ち明け、謝罪すると共に「でもやっぱり比企谷と付き合うのは無いわ」と言いますがその後、「でも友達なら、比企谷ってうけるし」とかなり態度を改め、友達として付き合う事になります。

折本かおりの名言「それあるー」「そっか」

そっか それあるー
(出典:2期#6)
人に軽く接することができる折本は、相槌が多く「それあるー」という口癖を良く使用する様です。久しぶりに再会した八幡にも上記のような口癖が飛び出していました。また、会議中や人の話を聞いている時に相槌を打ったり、賛成したりする時も軽い雰囲気を漂わせる口癖を披露していました。この口癖にハマってお腹の腹筋がどうにも痛くなってしまう人も意外と多い様です。

また、折本かおりの印象深い言葉として「そっか」というのが視聴者の間で言われています。「そっか」というのは、折本がダブルデートの終盤カフェで葉山から比企谷に対する態度を注意され、雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣と比企谷の関係を紹介された時に、2人を一瞥しながら明るげに「そっか」と呟くシーンです。
この「そっか」の意味について作中では明言されていませんが、おそらく中学では誰とも交流を持たない「つまんない奴」と思っていた比企谷が、高校で女友達を作り仲良く楽しく過ごしているのを見て、比企谷に対する印象を改めた事で漏れた呟きなのではないでしょうか。

【俺ガイル】折本かおりにクズの声?

折本かおりですがどうやら、彼女の人の気持ちを余り考えない軽薄な性格や作中での行動が原因になっているのか、視聴者の中には彼女の事を「クズ」だと思っている人もいる様です。それは本当なのでしょうか?口コミを参照しつつ考察していきます。

俺ガイルの折本、ムカつきませんか?
悪意ない系のキャラが一番嫌いです。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10209599815

折本かおり(俺ガイル)←他に比べたらマシだけど現段階では嫌い。
引用:https://twitter.com/ske_0528/status/1266682736577613824

比企谷八幡の告白の事をクラス全体に拡散し、八幡のトラウマや女子に対する警戒心・猜疑心を作った元凶であることや、八幡と高校生になって再会した際も八幡を貶す発言を多くする等、彼女の人を軽んじる姿勢が「嫌い」と呼ばれている原因になっている様です。
「クズ」というよりは「嫌い」という声があがってはいましたが、殆どマイナスな声は無く、寧ろ口癖に対する「可愛い」の声や比企谷に対する態度を改めたことに対する好感の声が殆どでした。

【俺ガイル】折本かおりエンドは?

本編では、クリスマスイベントを経て折本かおりから比企谷八幡への接し方を改めましたが、折本がヒロインとして比企谷と恋人関係になる事はありませんでした。

アニメ版ではこれで終わりの様ですが、ゲーム版では作品に登場する女性ごとに独自の攻略ルートがあり、より関係が深まった姿を見る事が出来ます。
俺ガイルのゲームは全部で、

PS Vita版『やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。』
PS Vita版『やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。続。』
PS4版『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。& 続 おまとめセット』

の3作品が発売されていますが、PS4は過去2作品をまとめたセットになっていて、少し安くなっているので、PS4を持っている人はそちらの購入をおススメします。
PS Vita版は作品ごとに攻略出来るキャラクターが違う様なので、推しのキャラクターがいるか注意が必要です。

折本かおりルート
(出典:YouTube)

ゲーム版では、『やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。続。』に折本かおりグッドエンドがある様で、恋人関係になるまでには至っていないものの、同じ大学に通い2人でランチをしたり遊びに行ったりとかなり関係が深まっているシーンが描写されています。高校こそ違ったものの、中学からずっと関係が続いており腐れ縁とも呼べる関係になっている様です。

【俺ガイル】折本かおりのSS

折本かおりはヒロインでもなく、物語の中心人物というわけではありませんが、比企谷八幡との浅いとは言えない関係やトラウマになった一要因という事で視聴者にも印象深い事から、様々なSSや同人誌が存在します。
傾向として、「もし告白が成功していたら」という比企谷と折本が恋人になるものが多く、2人のイチャイチャを読むことが出来ます。

八幡「折本に告白したらOKもらえた」

http://ss-navi.com/blog-entry-3796.html
もし、中学時代に折本に振られた比企谷が意趣返しとして高校で折本に冗談で告白した時にOKを貰っていたらというSSです。本編では見る事が出来ない「折本ルート」を見る事が出来ます。ちょっと過激な内容もありますが、何よりバカップルと化した2人を見るのは新鮮味があります。

折本「折本かおり!アイドル目指してます!」八幡「は?」

http://ss-navi.com/blog-entry-3566.html
比企谷と折本が、恋人というよりは親友になるSSです。恋人になってイチャイチャしている話しも良いですが、このSSの様な気負わず冗談を言い合える関係もまた面白いと思います。

折本「私と比企谷が付き合ったら超面白くなりそう!」

https://sspark.hateblo.jp/entry/2018/12/16/090721
中学の告白が成功し、恋人関係になった比企谷と折本でしたが高校にあがった比企谷は何故か不良になってしまいますが、結局折本に振り回されるのは変わらない…という様なSSです。
本編のIFストーリーに近く、本編との繋がりを考えながら読むのも面白いです。

まとめ

本記事では、折本かおりという「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称:俺ガイル)」の登場人物の1人について、彼女の性格・能力、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称:俺ガイル)」での役割や、比企谷との過去やクリスマスイベントでの出来事を踏まえながら解説してきました。折本かおりの変遷と魅力が伝わったと思います。
もしこの記事で彼女の魅力を感じることが出来、興味を持ったのなら、一度「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(通称:俺ガイル)」という作品に触れて見ると良いのではないでしょうか。

おすすめの記事