アニソン歌手
出典:Twitter

アニソン歌手と聞いたらどのようなイメージをお持ちでしょうか?
小さい子供向けのアニメの最初と終わりに流れる曲、アニメのタイトルや必殺技が歌詞になっているなど一般的な歌謡曲、邦楽とは一線をおいている曲が多いのでアニメを知らない友人とは共有しにくいイメージがあると思います。
しかし、昨今の音楽業界ではアニメとのタイアップによりJ-POPのアーティストがアニソンを手がけることが多くなり、アニソンは一般的な曲としての地位を確立してきました。
この記事は今人気のアニソン歌手が誰なのかを紹介して、友人とアニソンを共有して多くのアニソンに触れる機会を増やして楽しんだり、落ち込んだ時ややる気を出したい時に役立ってくれます。

アニソン歌手人気ランキング32選

アニソン歌手の人気ランキングを見ていきましょう。
どの歌手もカラオケで入れれば盛り上がります。それでは参りましょう。

1位:水樹奈々

水樹奈々
(出典:超!アニメディア)

愛称:奈々ちゃん、奈々さん、奈々様
生年月日:1980年1月21日
所属レーベル:キングレコード KING AMUSEMENT CREATIVE

■代表曲
・ETERNAL BLAZE

・深愛

声優でありながら多くの音楽番組に出演し、「第60回NHK紅白歌合戦」に出場する快挙を成し遂げて知名度が上昇し、自身の特集番組を制作されるほどにアーティストとしての人気が高まっています。
また、牛丼チェーン店「なか卯」のイメージキャラクターとしても起用されています。
ライブ活動を積極的に行い、全都道府県でライブを開催することを目標にしており、ライブツアーでは毎回こだわったテーマでの演出やグッズの数々にオタクだけでなく一般の方も引き込む魅力を持っています。
そして圧倒的な歌唱力や声優として初めて行う活動の数々は後生のアニソン歌手やアイドル声優に大きな影響を与えており、まさにカリスマ的な存在のアニソン歌手です。

水樹奈々のおすすめアニソン曲は以下にまとまっています。

2位:LiSA

LiSA
(出典:ダ・ヴィンチニュース)

生年月日:1987年6月24日
所属レーベル:アニプレックス(2011年~2017年3月)、SACRA MUSIC(2017年4月~)

■代表曲
・oath sign

・Rising Hope

デビュー前にTVアニメ「Angel Beats!」劇中バンドの2代目ボーカルとして抜擢されたのをきっかけに人気を集め、その後LiSAとしてソロデビューをして「第70回NHK紅白歌合戦」への初出場を果たしています。
その際に歌った「紅蓮華」は人気TVアニメ「鬼滅の刃」の主題歌の影響も相まってニュース番組や音楽番組で流れ、芸能人がこの楽曲をカバーした動画が投稿されています。
またライブ活動が活発でアニソンシーンにとどまらず、数多くのロックフェスにも出演をしてライブアーティストとしての活動もしています。
自身で多くの曲の作詞を手掛けており、作詞にもこだわりを持った精力的な音楽活動をするアニソン歌手です。

LiSAのおすすめ曲は以下にまとまっています。

3位:藍井エイル

藍井エイル
(出典:ミュージックヴォイス)

生年月日:非公開
所属レーベル:SACRA MUSIC

■代表曲
・MEMORIA

・シリウス

2011年10月19日に発売のテレビアニメ『Fate/Zero』のエンディングテーマ「MEMORIA」でデビューを果たします。
当初はCDジャケット撮影やインタビュー撮影、PV撮影の際には、常に顔の下半分を隠していましたが、2作目のシングル「AURORA」から本人の素顔が正式に解禁となっています。
2016年8月18日、体調不良により当面の活動休止を発表し同年11月4、5日の日本武道館公演をもって無期限活動休止しましたが、2018年2月8日に活動再開を発表してライブツアーを日本武道館にて開催する見事な復帰を果たしています。
クールなビジュアルと歌声で人気を集めているアニソン歌手です。

藍井エイルのおすすめ曲は以下にまとまっています。

4位:Kalafina

Kalafina
(出典:ライブドアニュース)

生年月日:非公開
所属レーベル:SACRA MUSIC

■代表曲
・Magia

・to the begining

劇場版アニメ「空の境界」の主題歌のために結成されたユニットでしたが、別のアニメ作品とのタイアップもして、人気が上昇しています。
配信する曲はユニットのプロデュースをしている梶浦由記の楽曲で頻繁に利用されている、通称「梶浦語」と呼ばれる造語によるコーラスが特徴的です。
造語のためコーラスに言葉の意味はないですが、東欧のような響きで曲の雰囲気を作り出しています。
NHKの総合で放送されている「歴史秘話ヒストリア」のテーマソングの起用もされ、10代後半~60代前後の男女の幅広い客層のコンサートを行えるほど支持を得ています。
残念ながら、2019年3月13日に解散発表していますが、まだまだ人気は高いです。

Kalafinaのおすすめ曲は以下にまとまっています。

5位:fripSide

fripSide
(出典:ナタリー)

生年月日:非公開
所属レーベル:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

■代表曲
only my railgun

sister's noise

2代目ボーカルとして声優の南條愛乃が務めるユニットで、TVアニメ「とある科学の超電磁砲」オープニングテーマ「only my railgun」でアニメとのタイアップをしてからも多くのアニメやゲームとタイアップして人気が上昇しています。
また楽曲のPVでは恒例行事としてお笑い芸人が登場するシーンがあり、シリアスな曲調に合わせた映像から芸人によるネタの披露に視聴者・リスナーはあらゆる意味で度肝を抜かれ話題を呼んでいます。
1代目のボーカルのnaoはゲームとのタイアップが中心でアニメとのタイアップはメジャーデビューをした際のTVアニメ「恋姫†無双」オープニングテーマ「flower of bravery」です。

fripSideのおすすめ曲は以下にまとまっています。

6位:MYTH & ROID

MYTH & ROID
(出典:OTOTOY)

生年月日:非公開
所属レーベル:KADOKAWA

■代表曲
・STYX HELIX

・JINGO JUNGLE

「MYTH & ROID」(ミスアンドロイド)はプロデューサー・Tom-H@ckを中心としたコンテンポラリー・クリエイティブ・ユニットでインターナショナルで本格的なサウンド、鋭角的でキャッチーなメロディ、圧倒的なボーカルパフォーマンスを兼ね備えた気鋭のユニットです。
ユニット名の「MYTH & ROID」は、過去を想起させる「Myth」(神話)と未来を想起させる「Android」を組み合わせた造語です。これは、メンバーそれぞれのルーツを掛け合わせ、新たな世界を切り開きたいという思いから考案されています。
TVアニメ「オーバーロード」のエンディングテーマ「L.L.L.」でCDデビューを果たします。

MYTH & ROIDのおすすめ曲は以下にまとまっています。

7位:KOTOKO

KOTOKO
(出典:KOTOKOオフィシャルサイト)

生年月日:非公開
所属レーベル::ワーナー・ブラザース・ジャパン(2011年 ~2018年)NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(2004年~2010年、2018年~)

■代表曲
・→unfinished→

・ハヤテのごとく!

音楽制作集団「I`ve」メインボーカリストの一人として活躍をしており、2009年2月21日よりKOTOKO名義で活躍をはじめたあとはアニメとのタイアップが増えています。
伸びやかで透明感がある歌声で美少女ゲームの曲が多く、電波ソングと呼ばれる中毒性のあるキーの高い曲からアニメのエンディングテーマのような落ち着いた曲など幅広く歌ってきたようです。
今まで歌った曲数は、250曲を超えてアニメや美少女ゲームなどジャンルを問わず起用されているので美少女ゲーム業界の歌姫として知名度は高く、美少女ゲームをしたことがある人なら彼女の歌声を一度は聞いたことがあるかもしれないほど有名なアニソン歌手です。

KOTOKOのおすすめ曲は以下にまとまっています。

8位:ZAQ

ZAQ
(出典:ナタリー)

生年月日1988年3月16日
所属レーベル:ランティス

■代表曲
・Sparkling Daydream

・エキストラレボリューション

2012年にTVアニメ「未来日記」のキャラクターソングで作詞・作曲・編曲を行いクリエイターとしてデビューをして、その後同年10月にTVアニメ「中二病でも恋がしたい!」オープニングテーマ「Sparking Daydream」でメジャーデビューをしています。
アーティストとしてだけでなくクリエイターとしても精力的で昨今ではレーベルの垣根を超え、多くのアーティストに楽曲提供を行っています。
アニソンの音楽性の高さに感化されアレンジャー、サウンドプロデューサー的な側面とシンガーソングライターとしての独自性で新たなアニソン「王道」を切り拓いて他アーティストにはないアニソン生み出しています。

ZAQのおすすめ曲は以下にまとまっています。

9位:野水伊織

野水伊織
(出典:プロダクション・エース)

愛称:いおりん、イカリン
生年月日:1985年10月18日
所属レーベル:FlyingDog

■代表曲
・魔・カ・セ・テ Tonight

・SAVE THE WORLD

2005年7月より放送された、フジテレビ系ドラマ「電車男」シリーズ全てにレギュラー出演し、全国的に知名度を上げています。
またメイド喫茶でメイドを務めたこともあり、ファンとの距離が近い活動もしています。
2007年10月からは作詞・作曲の提供、小説の執筆など作家として活動をし、2009年に声優としてプロダクション・エースに所属して、2011年にソロアーティスト「野水いおり」としてTVアニメ「これはゾンビですか?」のオープニングテーマ「魔・カ・セ・テ Tonight」を担当しています。
またホラー漫画愛好イベント「宵闇倶楽部」を発足するなど、その高いパフォーマンス力とキャラクター性を支持されています。

野水伊織のおすすめ曲は以下にまとまっています。

10位:angela

angela
(出典:SPICE)

生年月日:非公開
所属レーベル:スターチャイルド、KING AMUSEMENT CREATIVE

■代表曲
・Shangri-La

・シドニア

atsukoのファルセットとビブラートが織りなす声は、一度聴いたら忘れられない程個性的な歌声です。
また一見ネガティブな詞世界の中にも、言葉の奥に希望の光が差し込む瞬間があり、ポジティブ&ネガティブという人間が兼ね備えた二面性を素直に、時に卑屈になりながらも表現していく作品作りに定評があります。
さらにKATSUのメロディアスで斬新かつ、細やかなアレンジはメロディーをより引き立て、二人の織りなす旋律&個性がぶつかり合った瞬間、angelaというユニットの最大限の「楽曲」の魅力が解き放たれます。
2017年には、初の日本武道館単独公演を成功させ、今なお進化を止めない二人の活動に注目が集まっています。

angelaのおすすめ曲は以下にまとまっています。

11位:玉置成実

玉置成実
(出典:BARKS)

生年月日:1988年6月1日
所属レーベル

■代表曲
・Believe

・Realize

2003年にTVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」の第3クールのオープニングテーマ「Believe」でデビューをしています。その後第4クールのオープニングテーマ「Realize」も発表し、オリコン初登場第3位を記録します。その続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のオープニング&エンディング主題歌を担当してオリコンウィークリーで1位を獲得して人気を集めます。
またシンガーとしてだけでなく、ブロードウェイミュージカルでの主演や映画出演など女優としての才能も発揮し2017年にハイウェイスターに移籍します。
近年の舞台での活躍に加えて、音楽活動をより活発化させています。

玉置成実のおすすめ曲は以下にまとまっています。

12位:榊原ゆい

榊原ゆい
(出典:アニメイトタイムズ)

愛称:ゆいにゃん
生年月日:非公開
所属レーベル:LOVE×TRAX☆Records(2004年 ~ )、スターチャイルド(2006年 ~2011年)、5pb.Records(2008年 ~)、b-green(2008年 ~)、メディアファクトリー(2012年~)

■代表曲
・聖剣なんていらない

・にゃんだふる!

主に声優と歌手の活動を行なっています。声優業においては美少女ゲームへの声あてが多いですが、全年齢作品のアニメ・ゲームにも声あてをしています。
歌手としては同じく美少女ゲームを中心に数多くのゲーム・アニメ主題歌を歌っており、自身で作詞、作曲を手掛けることも多いです。
その他、振付師としても活躍し、ライブやPVではバックダンサー並みの激しいダンスを披露しており、「視覚でも楽しんでほしい」と話しています。
数々のムービーやゲームのキャラクターモーションキャプチャーの振付、キャラクターモーションアクターとしてもキャラの「体の中の人」としてモーションを担当しています。

榊原ゆいのおすすめ曲は以下にまとまっています。

13位:石川智晶

石川智晶
(出典:iFLYER)

生年月日:1969年3月29日
所属レーベル:FlyingDog

■代表曲
・アンインストール

・不完全燃焼

1993年にユニット「see-saw」でデビューします。
舞台出演、舞台音楽、執筆活動など。近年は石川智晶としての独創的なライブを自身でプロデュース好評を得ています。
幼少の頃、教会の日曜学校の聖歌隊に誘われ、合唱団に入ります。卒業後一人で歌う力を試したくなり都内ライブハウスで精力的に活動。
see-sawのボーカルとしてアニメーションを中心に活動を広げます。
2005年頃に現在の芸名に再度改め、以降シンガー・ソングライターとしてソロ活動を中心に行っています。
ノスタルジックなメロディにやわらかで優しい声で思わず聞き入ってしまう独特な世界観が人気を集めるアニソン歌手です。

14位:分島花音

分島花音
(出典:OTOTOY)

生年月日1988年6月28日
所属レーベル:デフスターレコーズ、ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、TRANSIENT RECORDS

■代表曲
・killy killy JOKER

・world's end, girl's rondo

2008年5月28日、Manaプロデュースのもと、シングル「still doll」でデビューします。チェロ・ボーカリストのメジャーデビューは日本初のことだそうです。作詞は分島自身が担当しており、ジャケット内のイラストも自身が描いています。
活動からわずか一年足らずで、ファースト・アルバム『侵食ドルチェ』が2009年2月に発売されています。さらに同作のヨーロッパでの先行発売、およびフランスでのライブ・イベントへの出演など、海外へ進出する機会も多くなってきています。
コンセプトライブではチェロとともにバンド等の生演奏にこだわって様々な楽器のサポートメンバーを迎えてライブを行っています。

15位:妖精帝國

妖精帝國
(出典:SPICE)

生年月日:非公開
所属レーベル:ランティス

■代表曲
・空想メソロギヰ

・DISORDER

音楽を通じて人間達に妖精の存在を思い出させ、妖精帝國を再興させるため、皇女ゆいと橘尭葉による音楽ユニット「妖精帝國第参軍楽隊」を1997年名古屋市で結成します。便宜上ユニット名を「妖精帝國」としています。ロック、ヘヴィメタルを軸に、クラシックやテクノなどを融合させた音楽を制作しています。オリジナル楽曲に加え、テレビアニメやゲームへの楽曲提供も多く、それに関連するライブやイベントにも多数出演しているようです。
2009年、「Animelo Summer Live」、「ランティス祭り」、「MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP」などへの出演をきっかけに、知名度が上昇します。

妖精帝國のおすすめ曲は以下にまとまっています。

16位:奥井雅美

奥井雅美
(出典:Wikipedia)

愛称:まっくん
生年月日:1968年3月13日
所属レーベル:スターチャイルド、キングレコード、evolution、ティーワイエンタテインメント、ランティス、FIREWORKS

■代表曲
・宝箱—TREASURE BOX—

・邪魔はさせない

1993年にシングル「誰よりもずっと」でソロ歌手デビューします。以後は主にTVアニメの主題歌を多く手掛け、ラジオパーソナリティとしても活動します。また、楽曲提供や雑誌のエッセイ連載などでも活動しています。
2003年には「JAM Project」に加入し、作詞、作曲を担当してソロ以外の活動を積極的に始めているようです。
2004年には独立し自主レーベル「evolution」を設立し、2006年から2009年にかけてTVで「@Tunes.」の司会を務め、多くのアニメソングを歌う著名人と交流を果たします。2005年からはAnimelo Summer Liveのメインアーティストとして活躍しています。

奥井雅美のおすすめ曲は以下にまとまっています。

17位:ALI PROJECT

ALI PROJECT
(出典:Flying Dog)

生年月日:非公開
所属レーベル:東芝EMI(1992年 ~ 1995年)、Victor(1996年 ~ )、徳間ジャパンコミュニケーションズ(2001年 ~ )、MellowHead(2004年 ~ 2011年)、FlyingDog(2008年 ~ )、ランティス(2009年 ~ )

■代表曲
・聖少女領域

・勇侠青春謳

作曲を片倉三起也、作詞を宝野アリカが手掛ける明確な分業制ですが、宝野が数フレーズだけ鼻歌で作曲に参加する事もあります。なお曲から先に手がけ、詞をそれに合わせて制作する、というケースが多いようです。
楽曲はシンセサイザーや打ち込みで構成されたリズム、旋律が中心の楽曲と、弦楽器によるストリングス中心の楽曲に大別されます。
歌詞は文語・漢語を主体とした硬質な響きを多用しており、頽廃・幻想・神話世界・世紀末・近未来/レトロフューチャー、エロティシズム、ヒロイズム、シノワズリなどの主題を好む傾向が強いです。その蒼然とした言い回しそのものや宝野の擬古調・声楽調のヴォーカルとあいまって異彩を放っています。

ALI PROJECTのおすすめ曲は以下にまとまっています。

18位:川田まみ

川田まみ
(出典:リスアニ!)

愛称:まみまみ
生年月日:2月13日
所属レーベル:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

■代表曲
・緋色の空緋色の空

・JOINT

2001年11月22日発表の楽曲「風と君を抱いて」でI'veボーカルデビューします。
その後2005年2月23日にTVアニメ「スターシップ・オペレーターズ」のオープニングテーマ「radiance」でメジャーデビューを果たし、作詞も始めます。
歌声は「まみぶらーと」と呼ばれる独特のビブラートが特徴です。
5枚目のシングル「JOINT」でオリコンウィークリーチャート9位を記録し、オリコンTOP10入りを果たし、9枚目のシングル「No buts!」では、オリコンウィークリーチャートで6位を記録しています。
2016年1月24日のリスアニ!LIVE 2016にて、年内での歌手活動引退を発表しています。

川田まみのおすすめ曲は以下にまとまっています。

19位:いとうかなこ

いとうかなこ
(出典:Nizista)

生年月日:1973年3月28日
所属レーベル:GEORIDE、5pb.Records

■代表曲
・Hacking to the Gate

・ファティマ

1998年から都内のライブハウスで音楽活動を始め、2002年9月にニトロプラスのゲーム『鬼哭街』の主題歌「涙尽鈴音響」で歌手デビューします。その後は『ひぐらしのなく頃に』『School Days』の楽曲を担当するなど、ニトロプラス作品のみならず数多くのPCゲームやテレビアニメの主題歌を歌っています。
代表的な曲は5pb×ニトロプラスのゲーム科学アドベンチャーシリーズそれぞれの作品世界をひとつにする役割をになっています。
精力的なライブ活動は国内だけでなく海外へも進出し、層の厚いファンを獲得しています。「歌力」と「音楽」と「物語」の可能性を信じて世界に広めるべく活用をしています。

いとうかなこのおすすめ曲は以下にまとまっています。

20位:橋本みゆき

橋本みゆき
(出典:リスアニ!)

愛称:みゆきっち
生年月日:5月14日
所属レーベル:ランティス

■代表曲
・Futuristic Player

・初恋パラシュート

父親はギターが趣味、母親もよく家事をしながら歌っており、幼少の頃から音楽に囲まれた環境で育ったそうです。デビュー以前からバンドを組み、音楽活動を行っています。
2003年9月26日PCゲーム「私立アキハバラ学園」のエンディングテーマ「LINK」で歌手デビューします。
2004年8月25日には、TVアニメ「GIRLSブラボー」のエンディングテーマを収録したメジャーデビューシングル「ここにいるから…」を発売して以来、数々の楽曲がPCゲームやテレビアニメの主題歌・挿入歌・イメージソングなどに起用されています。また、自身で作詞、作曲も手掛け、後藤邑子などへの楽曲提供も行っています。

橋本みゆきのおすすめ曲は以下にまとまっています。

21位:ELISA

ELISA
(出典:Music Lounge)

生年月日:4月14日
所属レーベル:SACRA MUSIC、SME Records、NBC Universal Entertainment Japan LLC

■代表曲
・ebullient future (English)

・そばにいるよ

2007年「ef - a tale of memories.」オープニングテーマ「euphoric field」でデビューします。
父親がチェロを弾いている影響で3歳の頃からピアノを始めて、高校1年生まで習っていたそうです。幼少期に絶対音感の訓練を受けていたのでライブで度々アカペラの曲を披露することがあります。
オペラや声楽に根差した抜群の歌唱力と、透明感の溢れる歌声を活かし、その後も数々の作品を発表、TVアニメ「ハヤテのごとく!!」 「とある科学の超電磁砲」など多くのヒット作品のテーマソングを担当します。
大規模ワンマンライブも成功させるなどライブパフォーマンスでも実績を残しています。

ELISAのおすすめ曲は以下にまとまっています。

22位:片霧烈火

片霧烈火
(出典:Last.fm)

生年月日:非公開
所属レーベル:CLOSED/UNDERGROUND

■代表曲
・闘艶結義~トウエンノチカイ~

・記憶 -Memento Mori

歌手活動を主軸に活動を続けるクリエイターです。
高校入学を期に自主制作活動を開始します。音系同人やPCゲームの主題歌を中心に、ボーカル、作詞・作曲、ネット声優、オリジナルCDの企画・制作などの音楽活動を行ったそうです。
2004年にアルバム「みんのうた。」でメジャーデビューし、2006年にTVアニメ「ひぐらしのなく頃に」エンディングテーマ「why, or why not」でアニメソンのボーカルを担当します。
音楽スタイルは非常に多様であり、ポップ・ロック・ジャズ・バラード・民族系・電波ソングなど幅広い。音楽活動のみならず、DTPデザインや映像制作、イベントの運営などもこなします。

片霧烈火のおすすめ曲は以下にまとまっています。

23位:西沢幸奏

西沢幸奏
(出典:アキバ総研)

別名:EXiNA
生年月日:1997年2月23日
所属レーベル:FiyingDog、SACRA MUSIC

■代表曲
・吹雪

・The Asterisk War

2014年開催の「第一回フライングドッグ・オーディション」でグランプリを受賞します。
2015年1月にはテレビアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』のエンディングテーマを担当しデビューします。
148cmの小さな身体からは想像出来ないアグレッシブなステージと圧巻の歌唱力に更なる磨きをかけ、シーンに新たな挑戦状を叩きつけます。
2019年7月9日、新たにソロプロジェクト「EXiNA(イグジーナ)」を始動させ、SACRA MUSICより新作リリースを開始すると発表してます。
プロジェクト名【EXiNA】はXI(シ)E(エ)NA(ナ)のアナグラムとなっていて、
自らを再度組み直す意思の現れでもあります。

西沢幸奏のおすすめ曲は以下にまとまっています。

24位:Faylan(飛蘭)

Faylan
(出典:OKMusic)

愛称:特になし
生年月日:非公開
所属レーベル:ランティス

■代表曲
・Mind As Judgment

・Last vision for last

沖縄アクターズスクールインターナショナル東京校ではダンスを習い、その後に入学したミューズ音楽院では歌や作詞・作曲の基礎を学んだそうです。
2005年よりソロでの歌手活動を開始し、主にPCゲームの主題歌を歌います。
2008年5月から株式会社Sに所属し、その後は株式会社ランティスから2009年7月22日にシングル「mind as Judgment」でメジャーデビューし、以降は数々のテレビアニメやゲームの主題歌、挿入歌、イメージソングなどを担当し、精力的に活動を行っています。
クール且つセクシーなビジュアルイメージと、挑発的な旋律を華麗に歌い歌唱スタイルを武器に確かなポジションを獲得し続けています。

Faylan(飛蘭)のおすすめ曲は以下にまとまっています。

25位:彩音

彩音
(出典:TIMM)

生年月日:非公開
所属レーベル:5pb.Records

■代表曲
・Arrival of Tears

・GO→Love&Peace

幼少の頃からピアノやダンスなど音楽に囲まれた生活を送っていたそうです。その後、クラブでのライブ活動や、アーティストのバックコーラスとして多くのレコーディングに参加していたが、2004年にシングル「KIZUNA〜絆」でソロシンガーとしてデビューを果たします。
以降「Memories Offシリーズ」や「ひぐらしのなく頃に」、「11eyes」など、数々の美少女ゲームやテレビアニメの主題歌を担当します。また、ライブパフォーマンスに定評があり、自身のワンマンライブを始め国内外問わず多くのアニメソングイベントやフェスに参加するなど、ライブ活動も積極的に行っています。

彩音のおすすめ曲は以下にまとまっています。

26位:美郷あき

美郷あき
(出典:musiclib)

生年月日:非公開
所属レーベル:ランティス

■代表曲
・BLOOD QUEEN

・少女迷路でつかまえて

デビュー以前から歌手を目指し、クラブやライブハウスにて音楽活動を行っていた。一念発起し、ヴォイストレーニングとダンスレッスンを受ける為渡米しています。
2004年にTVアニメ「舞-HiME」EDテーマ「君が空だった」でデビューします。
現在はアニメやゲームの主題歌・挿入歌・イメージソングなどを中心に歌い、ライブ活動も精力的に行っています。
大規模な国内イベントへの出演から、韓国・中国・ブラジル・メキシコなど海外でも公演を行い、ワールドワイドな活躍を見せています。
優しくあたたかみのある歌声と、卓越した表現力で作り上げる彼女の世界観は多くのファンを魅了しています。

美郷あきのおすすめ曲は以下にまとまっています。

27位:AKINO

AKINO
(出典:ナタリー)

生年月日:1989年12月31日
所属レーベル:Victor、FlyingDog

■代表曲
・創聖のアクエリオン

・海色

2005年に菅野よう子のニプロデュースの下、TVアニメ「創聖のアクエリオン」のオープニングテーマを担当します。
4月27日に1stシングル「創聖のアクエリオン」でソロデビューします。現在このシングルCDの売り上げは25万枚を突破、音楽配信数も300万DLを超え、ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会)認定を獲得する自身の代表作となっています。
アップテンポな曲から、バラード調の曲、メタルサウンドな曲や、ゴスペルテイストな曲など、様々なジャンルの楽曲を歌いこなしています。
声域が非常に広く、アニメタイアップでは高音のハイトーンボイスを贅沢に使いこなした曲が多いです。

AKINOのおすすめ曲は以下にまとまっています。

28位:原田ひとみ

原田ひとみ
(出典:アニメイトタイムズ)

愛称:ひとみん、ハラダチャーン、ダチャーン、ムッチリーニ、ムッチさん
生年月日:非公開
所属レーベル:フロンティアワークス(2011年~2013年)、メディアファクトリー(2013年~)

■代表曲
・Anicca

・Overdrive

歌手としてスカウトされ、音響制作会社ツーファイブで歌手活動を始めます。その後、声優として活動するためにぷろだくしょんバオバブへ移籍します。
バオバブ移籍後、声優としては主に吹き替えやゲーム、ディズニー関連の仕事などをしていたが、2009年頃からアニメのオーディションも受けるようになり、「バカとテストと召喚獣」の姫路瑞希役で初ヒロインを務めています。
2016年9月10日をもってぷろだくしょんバオバブを退所したことが公式ブログで発表されています。
歌手としてのデビューが先だがもともと声優を目指していたようです。
地声や姫路瑞希に見られるように声質はかなり高めだが、歌手としてはハスキーな歌声に変わります。

原田ひとみのおすすめ曲は以下にまとまっています。

29位:佐倉紗織

佐倉紗織
(出典:ave;new)

愛称:しゃおり、しゃおりぬ
生年月日:1984年9月19日
所属レーベル:ave;new

■代表曲
・True My Heart
・オンナのコって♪マジ☆超えんじぇる!!
・amulet -Lovers EDIT-

2003年12月に楽曲「snow of love」にてave;newでの活動を開始します。
2004年3月からは電波ソングユニット「あべにゅうぷろじぇくと」のボーカルとしても参加します。
2005年には青二プロダクションの声優養成所「青二塾」に通い、シンガーソングライターとしての活動も行っています。
「可愛らしさ」と「切なさ」という表情をもったそのオンリーワンな歌声はポップな曲調から切ない哀愁メロディまでも豊かに表現し、多くのリスナーを魅了しているようです。
自ら「作詞・作曲」も手掛け、「声優」「ラジオパーソナリティー」「デザイナー」等、様々な表現活動を通してアーティストとしても進化し続けています。

佐倉紗織のおすすめ曲は以下にまとまっています。

30位:鈴木このみ

鈴木このみ
(出典:LINEBLOG)

愛称:このみん
生年月日:1996年11月5日
所属レーベル:KADOKAWA/メディアファクトリー、MAGES./5pb.Records

■代表曲
・This game

・銀閃の風

人見知りと泣き虫を克服するために幼少時より歌とダンスを学び、ミュージカルなどに出演していたが、友人から2008年放送の「マクロスF」を勧められたことをきっかけに、アニソンシンガーを目指すようになったそうです。
2010年5月4日、第14回ORC200ヴォーカルクイーンコンテストでグランプリ獲得します。
2011年、アニマックス主催の第5回全日本アニソングランプリで過去最大の応募総数10,223組の中からグランプリを獲得し、注目を集めています。その後、2012年放送のテレビアニメ『黄昏乙女×アムネジア』のオープニングテーマ「CHOIR JAIL」でメディアファクトリーからプロデビューを果たします。

鈴木このみのおすすめ曲は以下にまとまっています。

31位:黒崎真音(ALTIMA)

黒崎真音
(出典:アメブロ)

愛称:ヲ嬢、MAON
生年月日:1988年1月13日
所属レーベル:Key Sound Label(2017年)、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(2010年 ~)

■代表曲
・X-encounter

・楽園の翼

2008年1月から秋葉原ディアステージにてソロ活動を本格的に開始し、ディアステージで活動中、冨田明宏にその才能を見出され、黒崎真音としてデビューの緒を掴見ます。
2010年にテレビアニメ「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」のエンディングテーマでメジャーデビューします。
TVアニメ「グリザイアの果実」オープンニングテーマ「楽園の翼」など、数多くの人気アニメ主題歌を担当します。
2018年は女優として「BLOOD-CLUB DOLLS」に出演するなど活動の幅を広げます。 ライブにおいても彼女の並はずれた歌唱力とパフォーマンスは高い評価を獲得しています。

黒崎真音(ALTIMA)のおすすめ曲は以下にまとまっています。

32位:栗林みな実

栗林みな実
(出典:トータル・イクリプス公式サイト)

旧名義:Minami
愛称:栗の子
生年月日:1976年6月11日
所属レーベル:ランティス

■代表曲
・ZERO!!

・STRAIGHT JET

TVアニメ・ゲーム主題歌を中心に活躍するシンガーソングライターです。
多くの作品で作詞・作曲を担当し 作家としてもその才能を発揮しています。
TVアニメ版「君望」のOP主題歌「Precious Memories」のヒットにより、アニメソング歌手としても注目を集めるようになります。
近年はJAM Projectとの共演や海外でのライブなど、活動の幅を広げています。
自身の楽曲に加え様々なアニメ・ゲーム・ユニットなどの作詞・作曲を手掛けており、発売されたCDの中で作詞は100曲以上、作曲は80曲以上に上る。曲作りは詞先や曲先にとらわれず、作詞と作曲を同時に行うこともあります。

栗林みな実のおすすめ曲は以下にまとまっています。

まとめ

以上が今人気のアニソン歌手です。
人気アニメの主題歌を担当する歌手が上位を占め、ライブ活動を精力的に行っていることが伺えます。
またアニメソングだけでなくゲームソングを多数手がけ、独自の世界観を持っている歌手も多い傾向があります。
そして、歌手としてだけでなく、声優、作詞・作曲などマルチな活動を行い、歌手としての枠に捉われないアーティストが長く人気を集めているようです。
皆さんもぜひ人気のあるアニソン歌手の歌を聴いて友人と一緒にそれぞれの世界観を味わってください。

おすすめの記事