鳴護アリサ
(出典:Twitter)

鳴護アリサ(めいごありさ)はとある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-に登場する劇場版のヒロインです。

劇場版のヒロインということもあり認知度はそこそこで、アニメ本編でも登場はありませんが
おそらくとあるシリーズで1番かわいいのが鳴護アリサです。

ビジュアルからもオシャレでかわいい雰囲気が伝わってきますが、それに加えて歌手を目指す彼女の曲は想像以上にいいんです。
今回は劇場版にエンデュミオンの鳴護アリサの魅力や能力、歌。エンデュミオンの無料視聴方法もご紹介します。
後半では映画のあらすじやみどころ、感想をネタバレありでご紹介します。

この記事を読めば、鳴護アリサの魅力が分かるだけでなく劇場版が見たくなること間違いなしです。
それでは参りましょう。

鳴護アリサ(めいごありさ)とは?

鳴護アリサ プロフィール(出典:とあるプロジェクト)

劇場版とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-で登場するヒロイン、鳴護アリサについて解説していきます。

「鳴護アリサ」は本名ではない?

彼女は原作本編の開始3年前より以前の記憶を失っていて、「鳴護アリサ」という名前は施設で与えられたものです。

劇中、彼女の口から語られていますが「3年前大きな事故に巻き込まれ、それが原因で記憶を失っている」とのことです。

以降、施設で過ごし、「鳴護アリサ」という名前もその施設で与えられたもの。
なので、彼女は記憶喪失ということで直近3年の記憶しかありません。

では、本当の名前は?その施設とは?という疑問が残りますが、それは劇中では明かされていません。
しかし、『大きな事故』についてはこの物語の重要な部分ですので、知りたい方はのちのネタバレ欄を参照ください。

異能の名門「霧ヶ丘女学院」に所属

鳴護アリサは高校1年生で、所属は霧ヶ丘女学院となっています。霧ヶ丘女学院は第一八学区にある名門のお嬢様高校で、ほかには姫神秋沙や結標淡希、風斬氷華が所属していました。

姫神によると、「単純に能力開発分野だけなら常盤台(御坂美琴が所属)に肩を並べる名門学校。
常盤台が汎用性に優れたレギュラー的な能力者の育成に特化しているのなら、霧ヶ丘は奇妙で異常で、そして再現するのが難しいイレギュラー的な能力者の開発のエキスパート」とのことです。

鳴護アリサと同じ霧ヶ丘女学院の姫神秋沙は以下の記事で紹介しています。

能力はレベル0で奇蹟の歌姫?

奇蹟の歌姫
(出典:シネマカフェ)

鳴護アリサは無能力者(レベル0)で、明確な能力は有していません。
ですが、歌っている時にだけ自身や周囲に「幸運」をもたらす計測不能な謎の力を発していて、定期的に霧ヶ丘女学院で解析を受けています。

劇中では彼女がライブをしていたショッピングモールで爆発事故があったさい、会場が半壊する被害がありましたが、奇跡的に死傷者はでませんでした。このことはニュースでも大々的に取り上げられ、鳴護アリサは『奇蹟の歌姫』として周囲から持ち上げられます。

しかしながら、「本当に奇蹟があるのなら、そもそも事故は起こらないんじゃないか」という鳴護自身も語っており、真に彼女が奇蹟をもたらすのかは少々疑問が残るところです。

学園都市でも彼女の能力の全貌を解き明かしていませんし、なかなかに謎の多い力といえます。

鳴護アリサは聖人?

鳴護アリサ 聖人
(出典:ニコニコ静画)

とあるシリーズにおける「聖人」とは、世界に20人といないと言われる、生まれた時から神の子に似た身体的特徴・魔術的記号を持つ人間のことです。

「神裂火織」もそのうちの1人とされています。鳴護は魔術サイドから「聖人の資質を有している」との疑いをかけられており、学園都市に研究されていることから、両サイドの戦争の引き金としても危惧されています。

神裂火織いわく、「彼女が聖人で完全に覚醒したのなら、自分を上回る可能性を秘めている」とのこと。

声優

三澤紗千香
(出典:エフエムナックファイブ)

鳴護アリサを演じるのは三澤紗千香さん。
2009年2月に声優オーディションでグランプリを受賞、同年4月に声優デビューを果たしました。

代表作は
・「アクセル・ワールド」 黒雪姫 役
・「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」 船久保浩子 役
・「城下町のダンデライオン」 米澤紗千子 役
などです。

三澤さんは声優と同じくらい歌に対しても情熱を注いでいるとのことで、その点では鳴護アリサというキャラクターはぴったりといえます。

タイアップ楽曲としては、
・「リンクス」 テレビアニメ『とある科学の超電磁砲S』エンディングテーマ
・「ユナイト」 テレビアニメ『アクセル・ワールド』エンディングテーマ
などがあります。

三澤さんの歌声は、劇中でも十分に発揮されているので必見です。

鳴護アリサ(めいごありさ)は歌(曲)がいい

ポラリス 鳴護アリサ(出典:歌ネット)

鳴護ちゃんが人気の理由の1つが歌です。キャラがかわいいだけでなく、予想以上に歌がいいという声があります。

目標は歌手デビュー

彼女は歌うことが好きで、路上ライブを行いながらメジャーデビューを目指しています。
活動中の歌手名は「ARISA」。
路上ライブでは自主制作CDを配布したり、インターネット上でも彼女の楽曲がダウンロードできます。
劇中でも巷では人気が出始めており、噂好きの佐天涙子も歌手「ARISA」の情報をキャッチして注目していました。

曲一覧

劇中で鳴護アリサが歌唱した曲を紹介していきます。

・「telepath〜光の塔〜」
・「アタリマエの距離」
・「Brand New Bright Step」
・「グローリア」
・「明日、晴れるかな」
・「OVER」

「OVER」に関しては、鳴護アリサとシャットアウラ=セクウェンツィア(CV:日笠陽子)が2人で歌っています。なお、上記の全曲は、鳴護アリサ演じる三澤紗千香さんのアルバム『ポラリス』に収録されています。

鳴護アリサ(めいごありさ)の魅力

鳴護アリサ かわいい(出典:YouTube)

鳴護アリサの魅力について語っていきます。

魅力1.路上ライブ

鳴護アリサは歌手デビューのため路上でライブ活動をしています。
歌唱スタイルは、キーボードを弾きながら歌うというもの。
配布用CDを設置したり、音楽がダウンロードできるサイトURLを宣伝したりとかなり精力的です。

評判は上々のようで、ライブでは人だかりができ、佐天涙子にはその歌の存在を認められ、褒められる場面もありました。

劇中では、上条と一緒にライブを鑑賞していたインデックスは感動し、大きな声援を送っています。
上条いわく、「俺は音楽とかはあまり聞かないけど、すごかったというのは分かった」とのこと。
彼女の歌声は、人々の心をがっしり掴んでいるようです。

魅力2.オーディションに受かって喜ぶ

上条たちと出会ってすぐに、鳴護アリサはオーディション(エンデュミオンのイメージソング)に受かったと連絡を受け、人目もはばからず喜びをあらわにします。
両手をあげてぴょんぴょん飛び跳ねる姿は可愛らしいです。

魅力3.当麻くんにホの字?

とあるシリーズには女性キャラが数多く登場しますが、そのなかで鳴護アリサは、上条のことを「当麻くん」と呼ぶ非常に珍しいキャラクターとなっています。

そんな彼女ですが、上条との絡みで心が揺れ動いたであろうシーンを紹介します。

・路上ライブ後、上条のもとへ近づこうとしたさいキーボードの線に足を引っかけ、彼に胸を押し付けながら抱きつき、そのまま倒れ込んでしまった。
・オーディションに合格したさい、鳴護は「私は運が良い」と言いましたが、上条は「それは違う。成功というのは怖がらずに打席に立って、打ちたいと願って、めいいっぱいバットを振ったやつにしか訪れないんだ」と言い放ちました。
・イギリス清教に襲撃されたさい、上条は鳴護を部屋に匿った。
・入浴後の裸を、上条に見られた。

などなどです。
ちなみにですが、鳴護はインデックスへ「インデックスちゃんと当麻くんて、どういう関係?」と尋ねていますが、これに嫉妬の感情が含まれているかは描写的に微妙なところです。

明確に上条に対して惚れている演出はありませんでしたが、ちょっとは男性として意識はしていたのではないでしょうか。

魅力4.大迫力のライブシーン

劇場版の大きな見どころの1つが、鳴護アリサのライブシーンです。(路上ではありません)
大きなステージで可愛らしい衣装を着込み、活き活きと歌うさまは鳴護アリサというキャラクターそのものの魅力を表していると言えます。

鳴護アリサのかわいいシーンをビジュアルでお見せしたかったのですが劇場版のためなかなか情報がありませんでした。

劇場版の動画はフリーで公開されることもないですよね。
実は、エンデュミオンの奇蹟U-NEXTの31日トライアルを利用すればすぐに無料で観られます

U-NEXTはとある科学・魔術の1~3期すべてあります。
そして、エンデュミオンまで揃っているのがU-NEXTのすごいところ

鳴護ちゃんを観られるのはエンデュミオンだけ。気になる方は配信状況が変わる前にチェックしてみてください。


※配信状況は変わる場合があるので事前に確認してください。 

 

劇場版「エンデュミオンの奇蹟」とは?あらすじや感想まとめ

エンデュミオンの奇蹟(出典:dアニメストア)

鳴護アリサは劇場版とある「エンデュミオンの奇蹟」に登場します。
ここでは劇場版をみていない人のために劇中のあらすじ、魅力について解説していきます。
ネタバレはこの見出しでは解説していません(記事の一番下にまとめているので気になる方はそちらをご覧ください)

エンデュミオンの奇蹟とは?

上条当麻とインデックスはある日、歌を愛する少女『鳴護アリサ』と出会います。
『奇蹟の歌姫』と評される彼女は、周囲の人間を幸せにする……そんな不思議な力をもっていました。
そんな彼女の力を求めて、裏では陰謀がうごめきます。
鳴護アリサを狙うイギリス正教、そしてもうひとつの隠れた勢力。

そんななか、鳴護アリサを助けてくれた「黒鴉部隊(くろからすぶたい)」を率いる黒髪の美少女シャットアウラが上条のまえに現れます。

シャットアウラは鳴護アリサとはなにやら因縁がありそうで……?

そして、鳴護アリサの歌を気に入り、自社のキャンペーンソングに起用すると発表したレディリー=タングルロード。
彼女の隠された思惑とは?

鳴護アリサをめぐってさまざまな勢力、人物の想いが錯綜するなか、上条の想いはただ一つ。
「鳴護アリサの助けになりたい」

科学と魔術と、そして歌の奇蹟が交錯するとき、またひとつあらたな物語が紡がれます。

「エンデュミオン」とは

エンデュミオン エレベーター
(出典:ASCⅡ)

オービット・ポータル社が建設した青い宇宙エレベーターです。
学園都市に建築するのは赤道直下に作るよりはるかに困難でしたが、学園都市の技術力で実現不可能と言われるほどの速さで建てられています。オリオン号が墜落した第二三学区に建設されています。

レディリー=タングルロード

レディリー=タングルロード
(出典:Twitter)

宇宙エレベータ「エンデュミオン」の建設に関わった、オービット・ポータル社の社長。劇場版の黒幕です。

見た目は身長135cmのゴスロリ美少女です。

前述したオリオン号事件において大打撃を受け、倒産寸前まで追い込まれましたが、同社を買い取り経営を立て直して、宇宙エレベータ建設にまでこぎつけた天才的経営手腕の持ち主です。

なお、鳴護アリサをエンデュミオンのイメージソングに抜擢したのはレディリーが彼女の歌声を大いに気に入ったからです。

動機・目的をそのまま書いてしまうとネタバレなので、ぼかして書いてみます。

実はレディリーは魔術師であり、彼女には大いなる野望があります。
その野望を成就させるため、アリサの歌が必要なのでした。
詳細を知りたい方は、ネタバレ欄をご覧ください。

オリオン号事件とは

とある本編開始の3年前、学園都市第二三学区で発生した事故のことです。
スペースプレーンでの宇宙旅行を実現したオービット・ポータル社による開業記念試験飛行のさい、帰還直前のオリオン号がスペースデブリと接触、エンジンブロックに損傷を受けたことで大事故に発展しました。

第二三学区の飛行場へ不時着を果たしたオリオン号は、損傷したエンジン部と機体客席部が分断されたことで、幸いにもその被害は最小限のものとなり、乗客乗員88名が奇蹟的に生還したということです。

そのことから、この事件は『88の奇蹟』とも語り継がれています。

シャットアウラ(黒鴉部隊)と鳴護の関係

劇場版とあるには、もうひとり。シャットアウラという武闘美女が登場します。
彼女は前述オリオン号事件に深い関わりがあり、また鳴護アリサとも関わっています。

シャットアウラ=セクウェンツィア

シャットアウラ=セクウェンツィア
(出典:GAMEFAQs)

身長155cm、黒髪ロングの「黒鴉部隊(くろからすぶたい)」隊長を務める少女です。

見た目は、身体機能強化のための処理が施されたボディースーツを常に着用しており、また任務の必要に応じて手首にワイヤー射出装置やレアアースペレットを撃ち出す小銃などの装備も施しています。

黒鴉部隊(くろからすぶたい)

黒鴉部隊
(出典:Twitter)

学園都市に数ある私設治安維持部隊のひとつのことです。
「秩序の維持」を第一義とするシャットアウラの意思が浸透し、統制されたチームであります。

劇中ではオービット・ポータル社長のレディリー=タングルロードから、鳴護アリサを保護する依頼を受けて行動を開始し、鳴護を狙い襲撃してきたステイル=マグヌスを初めとするイギリス清教組と交戦しました。

能力は『希土拡張(アースパレット)』

シャットアウラの能力はレベル4の『希土拡張(アースパレット)』。
レアアースを媒介にエネルギーを貯蔵・解放させる事ができます。

作中では、手首や機動兵器から放たれるワイヤーを利用し、事前に射出したレアアースにワイヤーを突き刺して爆発を引き起こす戦法を取っていました。

映画をみた人の感想

ここでは映画を鑑賞された人たちの口コミを紹介していきます。

・面白かったです。 派手なアクション、 美しい映像、 きれいな歌、 すべてに魅了されました。
引用:https://filmarks.com/movies/53005?page=4

・普段のとあるシリーズ全く観てないけど、それでも楽しめた。劇中歌がどれも良かった。
引用:https://filmarks.com/movies/53005?page=6

・サラウンド感も結構あり、戦闘シーンは迫力があります。歌のシーンも良かったです。
引用:https://filmarks.com/movies/53005

まとめますと、派手な戦闘シーンはもちろんのこと、やはり鳴護アリサのライブシーンはかなり好評なようです。
劇中では歌のシーンがかなりあるので、その印象が強く残ったのではないでしょうか。

ネタバレを知りたい方は下で解説しています。

エンデュミオンの奇蹟U-NEXTの31日トライアルを利用すればすぐに無料で観られます

シャットアウラと鳴護アリサの深い関係とは・・・!?

※配信状況は変わる場合があるので事前に確認してください。 

 

鳴護アリサと御坂美琴は知り合い?

鳴護アリサ 御坂美琴(出典:ニコニコ静画)

劇場版では鳴護アリサと御坂美琴はすでに知り合いのような描写があります。
2人はどのようにして出会い、そしてそのエピソードはどの作品に収録されているのでしょうか。

我らが御坂美琴の魅力や名シーンは以下の記事で紹介しています。

ゲーム『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』に収録

とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)
(出典:Amazon)

2人の出会いは2013年2月21日に発売されたPSP用ゲームソフト『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』に描かれています。

このゲームは劇場版の前日譚を描くという位置づけで、「とある魔術の禁書目録」と「とある科学の超電磁砲」がクロスする群奏活劇となっています。

御坂美琴が主人公となる科学編では、路上ライブをしている鳴護アリサがスキルアウトに絡まれているのを見つけ、助けます。

そのさい鳴護はお礼を言い、2人は意気投合します。
ちなみに、鳴護は御坂のことを自分と同じ高校生と勘違いして話していましたが、中学生だと知ったさい、「うん、たしかに胸のあたりは年相応かも」と無邪気に煽ります。

御坂は立ち去るさい、なにかトラブルがあったら連絡してと言い、連絡先を書いたメモを渡しています。

劇場版より以前は、このようなやり取りがあったというわけです。

鳴護アリサは原作・とある3期で登場?

鳴護アリサ 原作(出典:Twitter)

鳴護アリサは劇場アニメ以外では、どこで登場しているのでしょうか。

再登場は原作。ほかゲーム作品にも

劇場版以外のアニメでは、残念ながら彼女は登場していません。
鳴護アリサが出演している作品は、以下の通りです。

原作、新約9巻

新約9巻の1シーンです。
魔神オティヌスが作り出した「幸せな世界」にて、佐天と初春の会話のなかで名前が登場しました。
この世界はオティヌスが創り上げたまやかしの世界なので、実際に鳴護アリサが登場したというわけではありませんが……。

ゲーム『とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)』

前述したとおり、御坂との出会いが描かれています。

ゲーム『とある魔術の禁書目録 幻想収束』

2019年7月4日よりサービスが開始されたスマホ用ゲーム『とある魔術の禁書目録 幻想収束』の公式サイトにて、鳴護アリサが使用キャラとして登場することが分かっています。

【ネタバレ】劇場版「エンデュミオンの奇蹟」の結末は?

劇場版「エンデュミオンの奇蹟」の結末を知りたい方のためにネタバレありでまとめました。未視聴の方はご注意ください






■レディリー=タングルロードについて
彼女の正体は1000年以上の時を生きる不死に囚われた魔術師。
十字軍の遠征で兵士に助けた際にもらった『アンブロジア』を食べたことによって不老不死の存在となってしまいました。
なお、そのときの姿のまま時が止まっています。
その不死の呪いによる死への渇望からあらゆる方法で自殺を試す中、宇宙からの墜落ならば死ねるかもしれないと考え、意図的にオリオン号を墜落させる計画を企て、実行しました。
つまり、オリオン号事件の原因はレディリーの自殺願望によるもの。

鳴護アリサをエンデュミオン完成披露式典の歌手に採用したのは、アリサの歌によって人を集めて熱狂させることでエネルギーを得て、それを利用した大規模魔術(北半球を消滅させるレベルの大魔術)を企て、北半球を道連れにする壮大な自殺をするため。

■シャットアウラ=セクウェンツィアについて
3年前のオリオン号事件にはシャットアウラも搭乗していて、そして、彼女の父親がオリオン号の機長を務めていました。

シャットアウラはオリオン号が墜落する寸前、「大事な物を失ってもいいからみんなを助けて」と願い、その願望は果たされましたが、代償として父親だけが事故死してしまいます。
そして、鳴護アリサという存在はシャットアウラの祈りが奇蹟という形で具現化したものなのです。
つまり、シャットアウラと鳴護アリサは同一人物といえます。
劇中の最後では2人は1人の人間に戻っています。(見た目のベースはシャットアウラ)

シャットアウラは鳴護アリサを生み出したさい、『音楽を認識する脳の機能』を失っています。それは、鳴護へ音楽を愛する思考がすべて移行したという意味です。

なお、『88の奇蹟』とされているオリオン号事件の顛末ですが、実際にはシャットアウラの父親が亡くなっています。
しかし、それは世間に公表されていません。そのことから彼女は奇蹟という言葉を憎悪しています。

まとめ

今回は劇場版エンデュミオンの奇蹟に登場する歌姫、鳴護アリサについてご紹介しました。鳴護ちゃんは非戦闘系ですが、能力も秘めたるものがあるようでした。出番は少なくてもかわいさは抜群。気になる方はぜひ歌をチェックしてみてください。今後は本編でも観たいものです。

おすすめの記事