片霧烈火 おすすめ曲
出典:YouTube

片霧烈火(かたきりれっか)はシンガーソングライター。
アニソン・ゲーソンで2000年代初期から活躍しているベテラン歌手です。

隠れ名ゲーソンを多く残しており、
「ひぐらしのなく頃に」で知名度が上がったので、why or why notで知っている人も多いかもしれません。

片霧烈火さんと言えば、本領発揮はPCゲームです。
ゲーム主題歌を担当することが多く、そのどれもがかっこいいです。

今回は、片霧烈火デビューしたい方に私がおすすめしたい曲やアーティスト像についてご紹介します。
片霧烈火さんは名曲クリエイターなのでハマると思いますし、作業用BGMにもぴったりです。

この記事を読めば片霧烈火さんの活動や人物像、代表曲がわかります。

片霧烈火はゲーム系の女性シンガーソングライター

片霧烈火は、「人気アニメ『ひぐらしのなく頃に』や多くのPCゲーム主題歌を創作、歌唱する」女性シンガーソングライターです。
レーベルはポニーキャニオン、5pb.Records、ティームエンタテインメントなど。

メジャーデビューは2004年11月リリースのアルバム『みんのうた。』。2006年6月にはテレビアニメ『ひぐらしのなく頃に』EDテーマかつ1stシングル「why, or why not」で初のアニメタイアップを果たし、オリコン週間チャートで30位、自己最高記録としています。

PCゲーム主題歌の楽曲を多数担当し、メジャーデビューを果たしたあとも同人活動は継続しているようです。
同人サークル「CLOSED/UNDERGROUND」(通称黒餡)の主催者でもあるようです。

顔出しなし+ライブでは猫の着ぐるみ?

片霧烈火 猫
(出典:TEAM Entertainment)

片霧烈火はメディアへは顔を一切出さず活動しているようです。
ライブでは猫の着ぐるみを被り、歌っています。

アリスソフトの名曲は片霧烈火のゲーソン

詳しくは後述しますが有名なゲームメーカーのアリスソフトの名曲はほぼ片霧烈火の曲と言っても過言ではありません。
ゲーソンの名曲を数多く残しています。

片霧烈火の歌唱への評価

片霧烈火の歌唱に関する声を調べると以下のような反応が多くあります。

・力強い歌い方する女性ヴォーカルが良い。
・烈火さんにはもっと色々アニソン歌って欲しい。
・すごい多彩。

いずれも高評価。

20周年アルバムがすごい

Rekka Katakiri 20th Anniversary BOX
(出典:Twitter)
2020年2月26日に活動20年を迎えた楽曲からセレクトしたアルバム「Rekka Katakiri 20th Anniversary BOX」が発売されています。
DISCは2枚組で各15曲ずつ。特典ディスクもついた豪華な内容です。

歌唱だけではなく、作詞作曲や声優も担当

片霧烈火は(全てではありませんが、自身が歌う楽曲の作詞作曲を担当しています。
彼女が作詞作曲をしている曲としては「陽だまりコイゴコロ」(PCゲーム『世界でいちばんNGな恋』OP主題歌)や「月の眼の少年」(PCゲーム『LOST CHILD』挿入歌)などがあります。彼女のつくる楽曲は全体的にポップス寄りではありますが、作品によってはバラードも創作するようです。

また、声優としても活動していたようです。出演作品は「THE 恋愛シミュレーション2 〜ふれあい〜 」(PS用ゲーム)(相原優気役)、「アニマムンディ 終わり無き闇の舞踏」(PC用ゲーム)(ティモシー・リアリー役)、「プリンセスナイトメア」(PC,PS2用ゲーム)(チェシャ役)などがあります。

活動範囲は多岐に渡ります。

ゲーソンの名曲

アニメタイアップの少なさと、顔出しを一切していないという露出の少なさから、片霧さん自身に対する評価が少ないです。PCゲーム(ア◯ルトゲーム)の主題歌は数多く歌っているので、そういう系統のゲームが好きなファンからは「〇〇の主題歌が好き」などの声はあがっていますが、これらも片霧さんに対しての言及はありません。なので、色々タイアップのアニソンを歌ってほしいとの声があるアーティストです。

良い意味でとらえるなら、創作者としては完全に裏方に徹し、ゲーム作品を盛り上げる楽曲づくりに専念しているということかもしれません。

片霧烈火のおすすめアニソン曲7選

片霧烈火さんのおすすめ曲をランキング形式で紹介していきます。
ランキング順位は筆者の独断と偏見です。まずは一番のおすすめ第一位から。

第1位:get the regret over

「get the regret over」は闘神都市Ⅲというエ◯ゲーの主題歌です。
闘神都市シリーズはゲームメーカーであるアリスソフトの代表作。
Ⅲは羽純・フラメルとレメディア・カラーが登場します。ビジュアルがとてもかわいい。

ゲーソンには名曲が多いですが、「ゲーソンの中で唯一好きな曲だわ」とコメントされるほど一般視聴者もいます。
別バージョンも4つあるのでいろいろな世界観でget the regret overを楽しめます。

通常ver

片霧烈火さんの声と曲の雰囲気がマッチして、最高にかっこいい。

-アリス2011.ver-

少し、かたい、カチッとした印象に変わります。

Arrange Ver.

通常でも5分を超える長め。arrange verは6分を超えます。
それでもダレた感じがしないのは原曲がいいからでしょう。

get the regret over -アリス2010.ver-

2010年版の特典として収録されていた2010年verというものもあります。
2010verはなんと7分半に及びます。アレンジも豪華で間奏のメロディもかっこよくなっています。

 

第二位は・・・?

第2位:Fly away

Fly awayは「CR恋姫夢想 乙女、入り乱れるのこと!」の曲です。
CR恋姫夢想はパチンコで、Fly awayはそのオリジナル曲なので聞ける機会は少ないと思います。

マイナーすぎるためかCD化がされていないのが残念。
でも曲はハードでポップな音楽にボーカルの力強い歌声が合っている間違いなく良曲でしょう。

第3位:魂の慟哭(たましいのどうこく)

魂の慟哭はたまソフトから発売された「LOST CHILD」のテーマソングです。

魂の慟哭は片霧烈火のソロではなく、MW(霜月はるか&片霧烈火)の曲です。
MW(ムゥ)は実力はボーカリストの片霧烈火と霜月はるかとサウンドプロデューサーの細井聡司による3人の音楽ユニット。

普段よりもグッとダークでクールな楽曲です。

第4位:answer

answerはAKABEiSOFT2(あかべぇそふとつぅ)が2008年に発売した「G線上の魔王」のテーマソングです。

ゲーム自体が有名で評価も高いです。
片霧烈火の曲として最も認知度が高い曲と言えるかもしれません。

歌詞

answerは歌詞がかっこいいです。以下の出だしで始まります。

Ah~罠にはまってゆくけど 真実遠いものさ Ah~応え追ってゆくけれど 掴む術はない 微笑に揺れる心の闇幻の夢 どんな痛み放ちたいの?~
(引用:歌詞GET)

第5位:Salvage

Salvageは庵田定夏によるライトノベル原作のアニメ「ココロコネクト」のEDです。
歌はTeam.ねこかん[猫]featuring.片霧烈火。ソロ曲ではありません。

メジャーアニメの主題歌なので認知度も高いです。

第6位:why or why not

why or why notは「ひぐらしのなく頃に」のEDテーマです。

片霧烈火がはじめてアニメタイアップした曲です。
ゆったりとして、他のゲーソンとはかなり曲調が違います。

第7位:ときめき☆ガーディアン


ときめき☆ガーディアンはアリスソフト発売のアドベンチャーゲーム「ももいろガーディアン」のOPです。
珍しく電波系です。テンション↑↑癖になります☆

まとめ

今回は片霧烈火の魅力やおすすめ曲を紹介しました。
あなたの作業用BGMが増えれば幸いです。

おすすめの記事