黒崎真音
出典:oricon news

黒崎真音は日本の女性アニソン歌手です。
とある魔術の禁書目録やグリザイアの果実、ストライク・ザ・ブラッドなどのOPテーマを担当しているので知っている方も多いかもしれません。

正統派ラノベやPCゲームの主題歌がよく合う、伸びのある歌声が特徴的。
また、歌唱力だけでなくビジュアル面にも定評があり、ヲ嬢の愛称で親しまれています。ALTIMAというユニットも結成しており活動の幅を広げています。

今回は黒崎真音とALTIMAの活動やおすすめアニソン曲を12曲ご紹介します。
この記事を読めば、ヲ嬢のアーティスト像やどの曲を聴けばいいのかがわかるでしょう。

黒崎真音とは

(出典:oricon news)
2008年から秋葉原の「ディアステージ」を拠点にライブアイドルとして活動、それがプロデューサーの目にとまり、2010年9月発売のアルバム「H.O.T.D.」でメジャーデビューを果たした。1stシングル「Magic∞world」(とある魔術の禁書目録II EDテーマ)を発売、その後、初のワンマンライブではチケットが短時間で完売するなど、人気も上々だったようです。

2011年には3人組音楽ユニット『ALTIMA』のボーカルとしても活動を開始。人気アニメ、実写映画のタイアップ楽曲を歌い、ライブにも精力的に出演しています。

黒崎真音は愛称や年齢は?

黒崎真音の人物像を見ていきましょう。

愛称は「ヲ嬢」

黒崎真音はヲ嬢の愛称で親しまれています。由来はオタクなお嬢様だからだそうです。
黒崎がレギュラーパーソナリティーを務めるラジオ番組から生まれたようです。

年齢

1988年1月13日生まれ。年齢は2020年現在32歳とのことです。見えない。

エロい?


黒崎真音の容姿端麗さやミュージックビデオのパフォーマンスにはエロい!という声があるようです。
たしかに(ゴクリ)。

アルバム(ベストアルバム)「-M.A.O.N-.」

黒崎真音 ベストアルバム
(出典:ナタリー)
2017年には初のベストアルバム『MAON KUROSAKI BEST ALBUM -M.A.O.N.-』を発売しています。
豪華17曲収録で、Blu-ray付きの方にはミュージックビデオがついています。

『リアル鬼ごっこ』の主題歌も担当

アニメタイアップの印象が強い黒崎真音ですが、中高生の読書人気NO1作家である山田悠介の小説が原作の映画『リアル鬼ごっこ』の続編『リアル鬼ごっこ』3・4・5の3作全ての主題歌を担当しています。

黒崎真音は引退?

黒崎真音は引退したの?という声が上がっているようです。

筆者も、活動していない時期があったように思っていたので引退したのではないかと思っていたのですが、それは以下のALTIMAの活動によるものだと思います。

ALTIMAは「黒崎真音」を引退して始めたのではなく、あくまで別にユニットを結成しただけでしょう。

ALTIMA(アルティマ)とは

altima
(出典:aniDB)
ALTIMA(アルティマ)とは、fripSideの八木沼悟志(通称、SAT)と、m.o.v.eのmotsu(モツ)、そして黒崎真音がメンバーの3人組音楽ユニット。

SATがシンセサイザー、motsuがラップ、黒崎がメインボーカルを担当しています。2010年のアニメロサマーライブの打ち上げで、motsuがSATの「デジタルJ-POPの灯を絶やさない」という信念に感銘を受け、誘ったのがきっかけだったようです。

2011年から活動を開始し、これまで4曲のシングルを発売しています。その全ての曲に対しアニメタイアップがあり、その作品は『灼眼のシャナIII-FINAL-』、『アクセル・ワールド』、『ストライク・ザ・ブラッド』とどれも知名度が高い人気作です。

残念ながら2016年に活動を停止しているようです。

motsuのラップ

黒崎真音ソロにmotsuのラップが加わることでALTIMAの楽曲が魅力的に仕上がっています。
ラップかっこいい。

黒崎真音の活動・歌唱

黒崎真音ファンの声には以下のようなものがありました。

・美人で歌も上手くて素敵。
・もっと売れてほしい。

ライブの感想には以下のようなものがありました。

・安定感がすごい、生歌なのにめっちゃうまい。
・気持ちを歌声に乗せる表現力がとてつもない。肌で感じた。

黒崎真音は元アイドル&実力派

黒崎さんは元々ライブアイドルとして活動していたので、ルックスは良く、ライブパフォーマンスもうまいのだと思います。

見た目も可愛く歌唱力や表現力も申し分ないので、あとは爆発的なヒット曲でもとばせば彼女の知名度はさらに高くなるのではと感じました。

黒崎真音(ALTIMA)のおすすめアニソン神曲TOP12

黒崎真音とALTIMAのおすすめアニソンを紹介します。
ランキング順位は筆者の独断。ストライク・ザ・ブラッドととある魔術の禁書目録の楽曲が多めです。

第1位:UNDER/SHAFT|ヨルムンガンドPERFECT ORDER OPテーマ


UNDER/SHAFT(アンダー・シャフト)はヨルムンガンドのOPテーマです。

ヨルムンガンドのハードな世界観と合わさってカッコイイ曲です。
サビの独特なメロディがクセになります。

第2位:楽園の翼|グリザイアの果実 OPテーマ


楽園の翼はアニメ「グリザイアの果実」のオープニングテーマです。

グリザイアの果実は化物語と同じ渡辺明夫がキャラデザを手掛けているので知っている人もいるかもしれません。
やっぱり絵がいい作品は良い。

第3位:VERMILLION|ドリフターズ EDテーマ


VERMILLIONはTVアニメ「DRIFTERS」のEDテーマです。

荒野をひた走るような疾走感と孤独を感じる楽曲です。

第4位:burst the gravity|アクセルワールド OPテーマ


burst the gravityはALTIMAの楽曲。アクセルワールドのOPテーマです。

アクセル・ワールドはSAOと同じ作者、川原礫の作品でファンも多い作品です。
正統派ライトノベルのOPテーマらしく正統派な良さがあります。

ラップも冴えてます。

第5位:Fight 4 Real |アニメ「ストライク・ザ・ブラッド」 OPテーマ


Fight 4 Real(ファイトフォーリアル)はALTIMAの楽曲。ストライク・ザ・ブラッドの後半のOPです。

始終トーンが高い曲で、雨に打たれてる切ない感じ、感傷的な感じがいい。
個人的には一番好きな曲です。

第6位:Magic∞world|とある魔術の禁書目録II EDテーマ


Magic∞world(マジックワールド)はとある魔術の禁書目録IIのEDテーマです。

いろいろな謎が隠されている学園都市の奥行きのある世界観を感じられる楽曲です。
筆者も大好きです。

第7位:X-encounter|東京レイヴンズ OPテーマ


X-encounter(エクスエンカウンター)は東京レイヴンズのOPテーマです。

原曲は6:16秒で長い曲にも関わらず、最初から最後までかっこいい曲です。
重低音が印象的で、広がりのようなものを感じます。

第8位:黎明 -reimei-|薄桜鬼 黎明録 OPテーマ


黎明 -reimei-は薄桜鬼 黎明録のOPテーマです。

時代物らしく、時間の流れを感じさせる上品な楽曲です。
サビの「遥か彼方で~鳴り響く声~」の歌詞が耳に残ります。

第9位:Gravitation|とある魔術の禁書目録III OPテーマ


Gravitationはとある魔術の禁書目録IIIのOPテーマです。

Gravitationは3期前半のOPです。
とあるシリーズは科学がfripSide、魔術が黒崎真音と言ってもいいくらい作品と楽曲がマッチしています。

第10位:ROAR|とある魔術の禁書目録III OPテーマ

ROARはとある魔術の禁書目録IIIのOPテーマです。ROARは3期後半のOPです。

ROARとは「雄叫び」という意味です。曲中の独特な雄叫びを表現したロングトーンが魅力的です。個人的にはGravitationよりもROARの方が好きです。

第11位:ANSWER|PSPソフト「とある魔術の禁書目録」 主題歌

ANSWERはPSP版とあるの主題歌です。

アニメ版よりも英語歌詞多めで、オシャレな雰囲気があります。

第12位:decadence -デカダンス-|アニメ「されど罪人は竜と踊る」 EDテーマ

decadence -デカダンス-はアニメ「されど罪人は竜と踊る」のEDテーマです。

され竜はメジャー作品ではないですが鬱アニメとしてはそこそこ有名です。
作品が好きな人はデカダンスも知っているかも。

まとめ

今回は黒崎真音とALTIMAの魅力やおすすめ曲をご紹介しました。
ビジュアルもよく、楽曲もいいって素晴らしいです。ラインナップも豊富なのでこれからも追いかけていきたいですね。

おすすめの記事