チェンソーマン レゼ
(出典:ツイマンガ)

週刊少年ジャンプ連載されていたダークファンタジーバトル漫画「チェンソーマン」連載終了後、アニメ化とジャンプ+での第二部の連載を決定しています。ここではチェンソーマン第一部に登場したキャラクター「レゼ」について解説。彼女との物語が描かれた「レゼ編」は、多くの読者から人気を得ています。その人気の秘密はなにか、レゼの魅力と一緒に紹介して行きます。

【チェンソーマン】レゼとは

レゼ チェンソーマン
(出典:ニコニコ静画)

レゼとは、週刊少年ジャンプで連載されていた「チェーンソーマン」の登場人物です。
チェーンソーマンの魅力の一つとして、個性的な女性が出てくることがあげられます。ここからは、登場する女性キャラクターの中でも、特に人気のあるキャラの一人「レゼ」についてまとめていきます。

チェンソーマン

チェンソーマン
(出典:Amazon)

「チェーンソーマン」はダークヒーロー漫画であり、ジャンプらしくない作画やストーリーで話題の大人気漫画です。主人公であるデンジが悪魔を倒す「デビルハンター」として仕事をこなしながら、自分の身に降りかかるさまざまな危機を乗り越え活躍していく漫画です。

身長

身長
(出典:42話)

身長は現在、公式の情報は出ていません。

・デンジは16才
・16才の平均身長が170㎝

レゼはデンジの顔の半分くらいの身長なので、約165㎝前後にみえます。

性格

レゼの性格は明るい性格をしており、大人な印象をもつ「マキマ」とは対照的です。

その明るさゆえに、デンジはレゼが自分に好意を抱いていると認識させてしまいます。ときにはデンジに「エロ女」と言われるほどの下ネタを言って笑う無邪気な一面をみせます。

人気投票4位

チェンソーマン キャラクター人気投票
(出典:Twitter)

第一回チェンソーマン人気投票では、主人公であるデンジを上回る4位という結果でした。他のマンガと比べ個性が強いキャラクターばかりの「チェーンソーマン」。出番としては約1巻分でありながらこの結果になり、チェーンソーマンにおける彼女の印象深さを表しました。

声優

レゼの声優に関しては、現在情報は出ていません。Twitterによる口コミによると、

のような「上坂すみれ」さんを希望している人が圧倒的に多く、他にも「坂本真綾」さんや「花澤香菜」さんという意見もありました。

【チェンソーマン】完成度が高いと噂のレゼ編は何巻?

レゼが登場する「レゼ編」は、コミックス5巻の40話~6巻で繰り広げられています。完成度が高いといわれている「レゼ編」。ここで繰り広げられる物語が、多くの読者から愛される理由をご紹介します。

デンジの感情の変化が魅力的


(出典:40話)
第40話にてデンジがレゼ出会う所から、レゼ編の物語は始まります。元々デンジが思いを寄せていたのはマキマでしたが、レゼとの交流を重ねるに連れて彼女の事も好きになってしまいます。「オレの心の中、二人になっちまった」と二人の女性に恋心を抱いてしまったデンジの心情が、レゼ編の一つの魅力です。

戦闘描写もすごい


(出典:48話)
レゼ編の序盤ではデンジとレゼの恋物語が展開されていきます。しかし、第44話ではデンジに対してレゼが自分の正体は彼を殺す為にやってきた刺客だと言う事を明かし、二人は敵対します。チェンソーマンの中では珍しい恋物語を楽しめるというのもレゼ編の魅力ですが、戦闘描写もいつもに増して派手な物になっているのも、印象的です。

予想外が続くシナリオ


(出典:49話)
レゼ編のストーリーは先が読めない展開が続きます。レゼ編の始まりである40話からしばらくの間はレゼとデンジの青春や恋愛を描いた描写が多く胸がときめく内容。しかし、第44話では全ての真実が明かされデンジとレゼの派手なバトルが繰り広げられます。シナリオの前半と後半でジャンルが違うと言われるほどの滅茶苦茶な展開です。そのため、いつ何が起こるかわからないハラハラ感を楽しむことができます。

【チェンソーマン】レゼのかわいい魅力4つ

読者から多大な人気を誇るレゼ。彼女にはかわいく魅力的な部分が沢山あります。ここではレゼのかわいい点4つを紹介します。レゼのどんなところがデンジの、そして読者の心を射止めたのでしょうか?

魅力1.笑顔


(出典:41話)
作中キャラクターでは珍しい無邪気な笑顔は魅力的です。デンジと会話している時は常に笑顔を見せており、プールで遊ぶシーンでは声を出して笑うなど、他のキャラクターにはない愛嬌があります。また、常に頬を赤らめている所も可愛いです。笑顔とほっぺが可愛いという読者もかなり多く、レゼのファンになったきっかけはこれだという人もいるほどです。

魅力2.ぐいぐいくる性格


(出典:41話)
レゼは持ち前の明るさで、デンジをぐいぐい誘います。ノリノリな口調で語り掛けたりべたべたくっついたりと、コミュニケーションにかなり積極的。ある日は夜の学校に誘ったり、またある日はお祭りに誘ったりと、デンジじゃなくても勘違いしてしまうような積極的な行動力でデンジを虜にします。

魅力3.舌

舌
(出典:44話)
チェーンソーマンのキャラクターで希少な舌だしシーンがレゼにはあります。他のキャラクターにはないレアな光景がみれるのも、レゼの魅力の一つの言えます。ただし、舌を出すシーンは結構グロテスクなので注意が必要です。

魅力4.変身するときの「ぼんっ」


(出典:44話)
レゼが爆弾の悪魔に変身する際、首のチョーカーに刺さったピンを抜く必要があります。そのピンを抜くときに一緒に「ぼんっ」という台詞を発する所に可愛い反応する人が多いです。この後デンジとの戦いがはじまるというシリアスな展開なのにどこかかわいいレゼを感じれるこのセリフもまた、敵ながらレゼが好かれている要因ではないでしょうか。

【チェンソーマン】レゼはデンジが好きだった?

レゼとデンジの恋模様が描かれているレゼ編。デンジはレゼのことが好きなようですが、レゼがどう思っていたかについては議論が分かれています。2人の恋を時系列に沿ってまとめます。

デンジとレゼの出会い


(出典:40話)
第40話にて、突然ふってきた雨の中、雨宿りをするために入った電話ボックスの中で二人は出会います。その時、レゼはデンジを見て昔飼っていた犬を思い出し泣いてしまいます。それを励ますためにデンジは少し前に口の中に飲み込んだ花を取り出し、レゼにプレゼント。レゼはそれを見て笑い、お礼と共にデンジに自身が働いている喫茶店でまた会いたいと伝えます。ここから、デンジとレゼの関係が始まりました。

喫茶店での再会


(出典:41話)
第41話で、デンジは約束通りレゼのバイト先のカフェ「二道」に行き彼女と再会。レゼの頻繁なボディタッチや明るい性格や言動から、デンジはだんだんレゼに惚れていきます。一方レゼも、デンジに対して積極的に行動ししていき、しまいには一緒に夜の学校に行かないかと提案。デンジはそれに賛成し学校デートをする事となります。

夜の学校でデート


(出典:42話)
学校に行ったことのないと言う事をレゼに告げたデンジ。第42話では、レゼの誘いで夜の学校を探検することになりました。手をつないで廊下を歩いたり、教室に入りレゼがデンジに漢字を教えたりと学校でのデート満喫しました。

プール

プール
(出典:42話)
同じく第42話で見る事が出来る、夜の学校探検では、デンジとレゼの二人でプールに入るシーンがあります。水着を持ってきていない二人は全裸でプールに入り、大雨の中思いっきりはしゃぎました。この出来事をきっかけに、デンジの「レゼに対しての恋心」がマキマと同等になりました。デンジは「ごめんマキマさん」「俺の中、二人になっちまったよぉ~」と葛藤しながらもレゼに完全に恋をしてしまいます

レゼの告白

告白
(出典:44話)
第44話の二人で縁日にいくシーンでは、お互いの気持ちを告白。レゼはデンジに仕事をやめてこのまま一緒にどこかに逃げてしまわないか提案します。それに対してデンジは働きながら会うのはダメなのかと拒否。その後レゼは、自分はデンジを殺す為にここまでやって来たことを明かし、戦闘が始まります。

海での駆け落ち


(出典:51話)
第45話から51話にかけての長い戦いの末にデンジが勝利。今度は逆にデンジが二人で逃げてしまわないかと提案します。レゼはこの提案を断り、いままでデンジに向けていた好意はすべて演技であったことを告白します。それでもデンジはレゼを引き留めていたことから、デンジの恋心は消えていないように思えます。

レゼ編ラストシーン

レゼ 最期
(出典:52話)
レゼ編ラストシーンである第52話の一コマ、デンジをみつけたレゼの表情がどこかうれしそうなことから、本心ではレゼもデンジのことが好きだったのではないか(もしくは好きになった)というように噂されています。

【チェンソーマン】レゼはかわいい?悲しい?

レゼの印象は「かわいい」や「かわいそう・悲しい」など、人によってさまざまです。ここではTwitterでの口コミをまとめます

かわいい派

チェーンソーマンのファンだと思われる方のツイートです。レゼの魅力である瞳についてかわいいと感じているそうです

同じくファンだと思われる方のツイートです。やはり見た目の特徴としては瞳が好きだという方が多いですね

マキマやパワーなど、チェンソーマンには人気のヒロインが多いです。しかし、マキマよりもレゼが好きだという方も、少なくはありません。

悲しい派

こちらの方は、レゼ編ラストのレゼに対する同情のような悲しさを感じているように思われます。

やはり最後は悲しいレゼ編。だからこそレゼが好きだというファンの方もいました。

【ネタバレ】レゼの正体は?

レゼ編の後半では、自分の存在を明かし、デンジと戦いを始めるレゼ。彼女の本当の目的や正体は一体どんなものだったのか解説していきます。ここからネタバレありなので注意してください。

レゼの目的は?

目的
(出典:44話)
レゼの目的は、チェーンソーの悪魔と融合したデンジの心臓を奪うことでした。彼女はロシア軍のモルモットとして育てられた存在。デンジと出会ったのは偶然ではなく、最初からこの目的のために国から命じられ近づいていたのでした。

正体はボム

正体 ボム
(出典:47話)
レゼの正体は、爆弾の悪魔魔人こと「ボム」でした。ボムは、デンジが倒そうとしている「銃の悪魔」の仲間です。体の一部を爆弾に変えることができ、ミサイルにした足で突進してくるなど、派手な攻撃が目立ちます。また、ニトロのようなものをビームのように発射することもでき、当たった対象を爆発させることもできます。爆弾を操るというよりは爆発そのものを使いこなしており、指を鳴らすと同時に突然遠くの建物を破壊するなど、幅広い範囲で爆発を起こす事が出来ます

ロシア語の歌は?

ロシア語
(出典:43話)
レゼはソ連の「モルモット」と呼ばれる実験体の子供でした。夜の学校でレゼが「ロシア語」の歌を歌っていたのはこういう理由があったからです。

ちなみにその歌詞の意訳は以下のようになっています。

ジェーンとのデートの日、準備はできた
朝は一緒に教会へ行こう
カフェでコーヒーを飲んで、オムレツを食べよう
公園を散歩したあと、
ジェーンのお気に入りの水族館へ行って、イルカとペンギンをみよう
昼食の後には休憩しよう
朝なにをしたか思い出せないから、思い出すまで話そう
そして夜は教会で眠ろう
(引用:第43話)

この歌は実際に存在する歌ではありません。
曲名はこの歌が出てくる話のタイトルである「ジェーンは教会で眠った」だと思われます。「衝撃的なシーン」と「日常的な歌詞」のギャップから、レゼの狂気が垣間見えることがわかります。

【ネタバレ】レゼは死亡!復活は?

デンジと戦い敗北したレゼ。その後はデンジに見逃して貰い逃亡します。それからレゼはどうなったのかを解説していきます。

マキマに仕留められて死亡

死亡
(出典:52話)
6巻でのレゼのラストシーン、逃亡を図ったレゼが電車にのりこむ寸前に思いとどまり、デンジとの約束の場所である喫茶店「二道」に行こうとしたところ、マキマの手によって死亡しました。突然の死亡であったことや、デンジに対する心理描写も相まって非常にせつないシーンとなっています。そのためかレゼに同情するファンは多く、再登場が期待されていました。

マキマの手下として復活

レゼ 復活
(出典:86話)
その後、10巻で待望の復活を果たしました。しかし、以前の記憶は無いようにみられ、マキマに支配され完全に手下になっています。支配の悪魔であるマキマの能力は自分よりも格下の存在を思いのままに操るというもの。一度マキマによって殺されたレゼは格下とみなされ、手下の様にされたのでしょう。そのままマキマの手下としてチェンソーマンと戦い、再び死亡しました。

まとめ

レゼ編ラストではマキマによって残酷な死をとげ、待望の復活をするもマキマに支配されおり、中身がほとんど別人として登場。大きな活躍もないまま戦線離脱してしまいました。悲惨な彼女の人生に同情してしまうファンも多いはずです。
週刊少年ジャンプでの連載が終了した「チェンソーマン」ですが、第二部の制作が決定しています。続編でのレゼの登場はあるのか、またデンジとの恋をみることができるのか、今後の動きに注目していきたいです。

おすすめの記事