クリスカ・ビャーチェノワ
(出典:Twitter)

この記事では、トータル・イクリプスの隠れたヒロインであるクリスカ・ビャーチェノワをご紹介します。アニメ版を見ただけではクリスカがなぜあんなにイーニャに執着するのか?なぜクリスカの戦闘能力が高いのか?よくわからなかったのではないですか?この記事ではミステリアスなクリスカの、知られざる素顔、作中での活躍、魅力的なポイント、死亡説の真偽などをお伝えします。さらに、クリスカはアニメ版ではあまりヒロインとして目立ってはいませんが、ゲーム版では最終的にメインヒロインの座を勝ち取ります。この記事を読めば、アニメ版トータル・イクリプスしか知らないあなたも、クリスカ・ビャーチェノワの全てがわかります!

【トータル・イクリプス】クリスカ・ビャーチェノワとは

クリスカ・ビャーチェノワ
(出典:tsundora.com)

クリスカ・ビャーチェノワは、トータル・イクリプスのヒロインの一人です。この章では、そのクリスカ・ビャーチェノワが活躍するトータル・イクリプスの設定、クリスカの基本情報、なぜスカーレットツインと呼ばれているかなど基本情報をご紹介致します。

トータル・イクリプスとは?

トータル・イクリプス
(出典:Twitter)

トータル・イクリプスとはPCゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』のスピンオフ作品の1つです。この世界では、BETA(異星起源種)と呼ばれる凶暴なエイリアンに襲撃され、人類は存亡の危機に晒されています。ユーラシア大陸の大半はBETAに占領されており、ソ連も逃げだしアラスカの一部を租借して国家としての体裁を保っています。人間は自分たちよりはるかに強力な個体ばかりのBETAに対して、対エイリアン兵器である戦術機と呼ばれるロボットを主戦力として戦っています。なので、戦術機の性能を高めるための開発が盛んに行われていました。トータル・イクリプスは、国連基地で活動する試作された高性能な戦術機を評価する部隊で、各国のパイロット・技術者たちが活躍する物語です。『トータル・イクリプス』のタイトルでテレビアニメが、2012年7月から放映されていました。ほかにも、小説・ゲームもあり少しずつストーリーが違うのでかなり奥深い作品になっています。

トータル・イクリプスは以下の記事で詳しく解説しています。

クリスカ・ビャーチェノワとソ連開発チーム

クリスカ・ビャーチェノワ ソ連
(出典:Twitter)

クリスカ・ビャーチェノワとは、『トータル・イクリプス』のヒロインの一人です。ユーラシア大陸がBETAに占領されて、アラスカに追い詰められたソ連で、戦術機のパイロット(衛士)をしています。階級は少尉です。現在は、国連所属のアラスカ・ユーコン基地で、ソ連の新機体”Su-37UBチェルミナートル”のテストパイロットとして活躍しています。このチェルミナートルは複座式の機体で、イーニャという少女と一緒に操縦しています。この開発チームは、サンダーク中尉という切れ者のKGB出身者に率いられており、機械エンジニアだけではなくなぜかバイオ関係の研究者も所属しています。このチームが開発している機体は、日本帝国による導入も検討されており、この機体の性能がよければユウヤたちの開発計画の凍結も検討されたことがありました。なので、クリスカたちは主人公のユウヤたちのライバルにあたります。とにかく、秘密主義・排他的で、パートナーのイーニャを除いて誰にも心を許しません。そんな彼女が、ユウヤとのふれあいを通じて少しずつ変わっていく様子は必見です!

紅の姉妹(スカーレット・ツイン)

紅の姉妹(スカーレット・ツイン)
(出典:公式サイト)
紅の姉妹とは、クリスカとイーニャのパイロットとしての二つ名です。彼女たちが開発にあたっているSu-37UBチェルミナートルは、かなり珍しい複座式の戦術機です。このチェルミナートルの強さは折り紙付きです。演習の合間に起こった事故では、タリサ・マナンダルをドッグファイトの末に撃墜しそうになったり、シベリア戦線では、群がるBETAを粉砕しながら猛追してベテランパイロットのラトロワ中佐を殺害(未遂)するなど本編でもその神がかり的な強さが目立っています。そんな、凄腕の彼女たちをさして、他国の兵士は「紅の姉妹」と呼んでいるわけです。

衛士強化装備

クリスカ 衛士強化装備
(出典:フォト蔵)

衛士強化装備とは、戦術機に搭乗するパイロットである衛士が着用するパイロットスーツです。シンプルな外見に反してかなり多様な機能が搭載されています。一瞬の圧力で硬化する特殊保護膜は高度な耐衝撃性を備え、衛士のバイタルチェック機能、通信・GPS機能、レスキューパッチなど豊富な機能が備わっています。数々の衛士が、この高機能なパイロットスーツのお陰で激しい戦場から生還できているようです。ただ、皆さんは思うでしょう。こんなにいろいろな設定があっても所詮、「エロい外観がメインのパイロットスーツなんでしょう。」と。まあ、それは正直否定できないです。

声優

生天目仁美
(出典:アニメイトタイムズ)
クリスカ役の声優は、生天目仁美です。生天目さんは1976年8月4日生まれの神奈川県横浜市出身。身長は163cmで声優・女優・歌手として活躍しています。読売ジャイアンツのファンだそうです。
生天目さんは、年上お姉さんキャラクターや活発なキャラクターを演じることが多い印象です。実は、脇役としての出演がかなり多い声優さんです。その役柄も多様でこなせる範囲が広く、その演技力には定評があります。
トータル・イクリプスのクリスカ以外にも、
・「真月譚 月姫」のアルクェイド・ブリュンスタッド
・「スクールランブル」の周防美琴
・「のだめカンタービレ」の多賀谷彩子
・「一騎当千 GG」の関羽雲長
・「クイーンズブレイド」のシズカ
・「ハイスクールD×D」の天野夕麻(レイナーレ)
など年上お姉さんキャラクター中心に演じています。

【トータル・イクリプス】クリスカ・ビャーチェノワの魅力5つ

ここでは、優秀な衛士でありミステリアスなお姉さんでもあるクリスカ・ビャーチェノワの魅力をまとめて5点紹介します。

クールビューティー


(出典:#6)

クリスカは、作中最高のクールビューティーキャラです。何よりも、自分をソ連軍人であると規定して任務に私情を挟むことなく冷徹に望む姿。何があってもなかなか心を開こうとしない姿勢が逆に魅力的。しかし、関係が深まっていくにつれて、クリスカがただクールに現状を割り切っているのではなく、人との交流があまりないため感情を認識できていないことからくるものだということが見えてきます。そのクールさの中にあどけなさが含まれるのが胸キュンです。

強さ


(出典:#22)

やはり、クリスカの魅力はその衛士としての強さでしょう。ベテランパイロットとして数々の難局に立ち向かう姿は、かなり迫力があります。特にアラスカでの対テロ作戦では、イーニャなしでの単独搭乗で次々とテロリストを撃破していく活躍ぶりでした。篁唯依と異なり恵まれない境遇で戦ってきたためか、どんな境遇であってもシビアな側面は抜けません。最期のユウヤとの逃避行の際も、ユウヤに甘えきることなく、追撃を受けるユウヤに助言をし続けていました。そんなベテラン衛士としての強さを忘れず戦い続ける姿は魅力的です。

母性溢れる大人のお姉さん


(出典:#4)

トータル・イクリプスの中で唯一母性的な側面のあるキャラクターだと言えるでしょう。戦闘中も日常も常にイーニャのお姉さん、というよりもお母さんに近いポジションです。海が怖いと泣くイーニャを宥めたり、戦闘中にわがままを言うイーニャを慰めたり、アラスカ基地で虐められるイーニャを身体をはって守るなどその活躍はまさに母親。そんな優しいクリスカに対して、イーニャもなついており二人がじゃれあう姿は本当に美しく、魅力的です。しかし、そのクリスカの優しさが、彼女を危機に追い込むことになるのですが。

抜群のスタイル


(出典:#7)

クリスカのもう一つの魅力と言えば、やはりその色白ダイナマイトボディでしょうか。この作中の至るところで、彼女のスタイルは披露されています。西インド諸島では雨に濡れた水着姿、チェルミナートルに搭乗するたびに身に着ける衛士強化装備で見ることができます。ぜひチェックしてみてください。

悲哀・悲劇のヒロイン


(出典:#8)

クリスカのおかれた悲しい境遇も彼女の魅力を掻き立てています。普段から、明らかにソ連の強い管理下にあり、日々監視されているのが明確な彼女。それでもソ連内部では、そのアルビノを揶揄して差別的な扱いを受けているように見えます。自由を奪われ、人としても十分扱われず(これには事情があるのですが)、悲しい運命にさらされているのに、イーニャを守って生きていこうというその姿も魅力の一つです。

【トータル・イクリプス】クリスカ・ビャーチェノワの名言

この章では、そんな魅力あふれるクリスカの魅力をさらに高める名言を集めました。ぜひ、ゲームで、アニメで名言をチェックしてみてください。

ユウヤ・ブリッジスについて聞かせて貰いたい

ユウヤ・ブリッジスについて聞かせて貰いたい
(出典:#7)

ユウヤについては、その登場時からイーニャが惹かれていたので、気にしていたクリスカ。それは、異性への想いというよりも母としての警戒心のようなものでした。その思いが、西インド諸島での漂流事件ですこし変わっていきます。上記のセリフは、アニメ第7話で、なんと恋敵にあたる篁唯依に向けて出された質問です。この一言が、これまで積極的にユウヤにアプローチしていなかった篁唯依の積極的なアタックを誘導することになりました。ストーリーを大きく動かした一言だと思います。

「イーニャはとてもイーニャだった」

イーニャはとてもイーニャだった
(出典:YouTube)

ゲーム第14話では、ついにブラーフカで暴走して意識不明に陥っていたイーニャが回復します。そのイーニャの回復を喜んだ時の言葉です。理性的な普段のクリスカとは思えない、支離滅裂な言動がクリスカのはしゃぎっぷりを示しています。

(イメージ:イーニャの回復を報告するために珍しくユウヤを呼び出すクリスカ、ゲーム EP14 無垢なる枷より)

「何よりもまず私はソビエト陸軍の少尉だからな」

何よりもまず私はソビエト陸軍の少尉だからな
(出典:YouTube)

アラスカのテロで、ブラーフカ暴走事件を起こしイーニャは意識不明になってしまいました。のちに回復したのですが、この件が自覚しないトラウマになったクリスカ。パイロットとしての機能が著しく低下してしまいます。結果として、ユウヤたちとの開発競争に敗北してしまいます。この言葉はゲーム第16話で、クリスカがユウヤたちのチームに不戦敗してしまった夜に、クリスカと篁唯依が思いを話す中で出てきた言葉です。逆境に追い込まれてもソ連兵士として任務をあきらめない、ユウヤへの甘えは許容できないというクリスカの決意があふれ出ています。しかし、この時にはすでにソ連はクリスカの廃棄処分を決定していたのです。そんな背景も含めて切ない名言です。

(イメージ:唯依との語らい、ゲーム EP16 仄暗き旅路より)

「わたしは・・・・・・しあわせ・・・・・・だ」

わたしは・・・・・・しあわせ・・・・・・だ
(出典:YouTube)

クリスカの廃棄処分が決定されたことを聞いて、ユウヤはクリスカをソ連設備から強奪します。もちろん、国連もソ連もユウヤを激しく追撃します。クリスカはユウヤとアラスカの中を逃げ回ることになります。そんな中、クリスカは自分が今生まれて初めて自分のために時間を過ごしていることに気が付きました。これまでは人生の全ての時間がソ連共産党のため、イーニャのため、軍のため、開発チームのため、すべて他人のために使われてきました。しかし、この逃避行の間は意中のユウヤと幸せな時間を過ごせている。死の間際に自分を取り戻したクリスカの、ゲーム最終話での名言でした。

(イメージ:逃避行中の休息、ゲーム EP17 朔月一夜より)

【ネタバレ】クリスカ・ビャーチェノワは死亡?正体は?

クリスカ 死亡
(出典:YouTube)

ここでは、クリスカ・ビャーチェノワの正体と死亡説の真偽についてご紹介します。

クリスカ・ビャーチェノワの正体は?

クリスカ 試験管ベビー
(出典:YouTube)

クリスカ・ビャーチェノワは、戦闘に特化した超能力を開発された試験管ベビーです。元々、言語もないのに異なる個体が連携して動くBETAのコミュニケーション原理を解明するための研究がソ連では行われていました。これを応用してBETAの戦略・戦術を読み取るためのESP能力を備えた人類を開発する計画が生まれました。その後、ソ連が国土を失い、アラスカに逃げ延びて国連と共同でこの計画が進められました。
その中で、クリスカやイーニャを管理するサンダーク中尉の妹が、テレパス能力が高く、不安的中率の高いESP被検体として注目されます。このサンダーク中尉の妹の胎内から、”白き結晶”と呼ばれる特殊な胚がつくられました。クリスカは、この特殊な胚をさらに遺伝子操作し誕生したのです。このクリスカが抱えている出生に関する葛藤が、ユウヤの共感を呼びやがて二人の距離を縮めていく重要な要素になります。
なので、クリスカは周囲の思念を読んだり(リーディング)、思念を伝えたりする(リフレクション)ことができます。イーニャも同様で、二人はこの能力を応用してチェルミナートルを動かしているのです。そして、この二人にしか起こせない特殊現象があります。それが、「フェインベルク現象」です。イーニャとシンクロし活性が高まるとイーニャとクリスカは未来予知ができるようになるのです。これがチェルミナートルの強さの秘密だったのです。

超能力を備えた人造人間エリートパイロットがクリスカの正体です。

クリスカ・ビャーチェノワの死亡説は?

クリスカ 死亡
(出典:YouTube)

残念ながら、クリスカ・ビャーチェノワは死亡します。フェインベルク現象のような未来予知が可能なスーパー兵士は、ソ連にとっては重要な機密。外国に誘拐されてコピーされては重大な損失です。なので、ソ連はクリスカに定期的に特殊なタンパク質を投与し続けています。このタンパク質の投与がなくなると、クリスカは体が維持できなくなります。
アラスカのテロ事件の際に、イーニャが意識不明に陥ったトラウマからイーニャとの深いシンクロを無意識に拒むようになったクリスカ。そうなるとチェルミナートルの機能は低下してしまいます。実績をあせった研究チームの結論はクリスカの廃棄。すなわち殺害して処分するというものでした。この事態をうけて、イーニャから助けを求められたユウヤ。同時に、アメリカのエージェントからクリスカを連れて亡命すれば、クリスカの命を救う方法も含めてアメリカが提供するとの誘いを受けます。弱きものを救う武士の魂を思い起こすとともに、クリスカの出生からくる葛藤を感じて、クリスカへの想いを自覚しつつあったユウヤは、なんとソ連設備からクリスカを救出してしまうのです。
クリスカとともに逃走するユウヤ。もちろん、ソ連軍や国連軍が追撃してきます。そのすべてを撃退し、逃亡を続けるユウヤとクリスカですが、その途中でクリスカは力尽きました。ソ連設備を離れ指向性タンパク質の投与がなくなってしまったため、クリスカは全身の細胞が壊死し始めてしまい、多臓器不全で死亡しました。

【トータル・イクリプス】ソ連メンバーはイーニャやマーティカも魅力的

ソ連メンバー
(出典:Twitter)

ソ連の衛士といえば、イーニャやマーティカなども登場します。クリスカと同様、端正な容姿、衛士としての腕前、豊かな個性と魅力あふれる彼女たち。ここでは、ミステリアスな彼女たち自身や、クリスカとの関係、その結末もご紹介致します。

イーニァ・シェスチナ

イーニァ・シェスチナ
(出典:Twitter)

イーニャ・シェスチナは、クリスカのパートナーでチェルミナートルの搭乗パイロットです。軍事基地という大人社会の中で、翻弄されている幼い女の子で、階級は少尉です。実際に、新戦術機開発以外の時間は、コンディション調整と基地内をうろつくくらいしかしていないため、かなり世間知らずな側面があります。パートナーのクリスカにべったりなついているのですが、他の人間のことは受け入れません。例外的に篁唯依やユウヤ・ブリッジスにもかなり好意的です。反面、チェルミナートルに搭乗すると幼い容貌に反してかなり狂暴な戦闘を行います。ユウヤの同僚タリサやラトロワ中佐などが殺されかけるほどです。そんなアンバランスな側面があるキャラクターがイーニャ・シェスチナです。

声優

能登麻美子
(出典:アニメイトタイムズ)

イーニャ役の声優は、あの有名な能登麻美子です。能登さんは1980年2月6日生まれの石川県金沢市出身。ラジオではよくきゅうりの味噌汁でいじられています。料理と華道が趣味。身長は162cmで声優・女優・歌手として活躍しています。

能登さんは、かなり幅広い役割を演じることができる印象です。幼い少女、少年、大人の女などかなりマルチな声優さんです。

そんな能登さんはトータル・イクリプスのイーニャ以外にも、
・「犬夜叉」のりん
・「フルメタル・パニック!」の風間信二
・「ケロロ軍曹」のアンゴル・モア
・「有頂天家族」の弁天
など年下~年上、女性、男性と演じるキャラに制限がない印象です。

イーニャの魅力3つ

そんな、イーニャの魅力を3点にまとめてご紹介します。

純真無垢

イーニャ 純真
(出典:Twitter)
トータル・イクリプスという腹黒い大人しか出てこない中で、イーニャの純真無垢さは輝いています。何もしらない少女が、繰り出す言葉が彼女の所属しているソ連の開発部隊の闇の深さを際立たせます。相性の悪いタリサ・マナンダルのことを「ちょび」と呼びつける姿も必見です。

やさしさ

イーニャ 優しい
(出典:17話)
イーニャは、トータル・イクリプスの中で、要所要所で主要登場人物たちを慰めます。自分の力の足りなさに苦しむユウヤを、真実に気が付いて葛藤する唯依を、彼女は優しく慰めていきます。実は、この苦しむ人間を見つけ出すのも彼女のテレパスの一つだったわけですが。

おそろしさ

イーニャ 恐ろしさ
(出典:#7)
イーニャの最大の魅力は、幼しさと恐ろしさ・残酷さのギャップです。チェルミナートル搭乗時に見せる残虐さや容赦のなさは特筆すべきレベルです。タリサ、篁、ラトロワと殺されかけたメンバーはかなりの数に上ります。外見は天使に見えて、戦闘時は完全な悪魔というのがこのキャラクターの魅力でしょう。

イーニャのネタバレ

イーニャも、クリスカと同様試験管ベビーです。イーニャは、その幼い容貌に反してESP能力を戦闘に使えるように調整されています。能力を開放する際に、視床下部と中脳中心灰白質の異常活性がで破壊衝動にのみこまれてしまうため、イーニャ単独ではチェルミナートルを運用できません。イーニャの暴走を抑制するために、理性を強化した同期個体であるクリスカがサポートしていたのです。もちろん、イーニャも特殊なタンパクなしには生存できない体になっています。

マーティカ・ビャーチェノワ

マーティカ・ビャーチェノワ
(出典:Twitter)
マーティカ・ビャーチェノワは、ゲーム版終盤に出て来るクリスカのライバルです。
マーティカはクリスカのクローンで、もちろん後から作られたものなのでクリスカよりも性能が高くなっています。最終的に、クリスカからイーニャのパートナーの座を奪います。ゲーム最終話では、ユウヤによるクリスカと最新鋭機種の強奪事件では、追撃のためイーニャと出撃します。しかし、クリスカの干渉を受けて、ユウヤに敗北します。ユウヤがコクピットを開けた時、そこには四肢を切られて機体に接続されたマーティカ入りのカプセルがありました。マーティカはクリスカに必死に訴えて殺してもらうことになりました。

クリスカ・ビャーチェノワの衛士強化装備フィギュア

アニメやゲームで二次元でクリスカを楽しむのも良いですが、やはりアニメといえばフィギュアなどのグッズも楽しみたいですよね。そんなあなたにクリスカのフィギュアに関するまとめ情報をお届け!

figma マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス クリスカ・ビャーチェノワ

figma マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス クリスカ・ビャーチェノワ
(出典:Amazon)
<特徴と評判>
ノンスケールの塗装済み可動フィギュアです。衛士強化装備を身に着けたクリスカが、凛々しくたっている姿で造形されています。関節も可動するタイプで、好きなスタイルでディスプレイすることができますね。付属品として小銃が一丁ついています。こころなしか、明るい表情なのがいいですね。こちらの商品に関しては、下のような評判が書き込まれておりました。

スタイル良好、可動範囲にも不満はありません。
劇中イメージを上手く捉えていると思います。
付属品は表情パーツ(3種)、ハンドパーツ各種、拳銃一丁、figmaスタンドと、
必要最低限という印象です。

衛士強化装備(いわゆるパイロットスーツ)での立体化ですし、
生身で戦闘をするのがメインというわけではないので、
特に問題は無いはずですが、やはり少し寂しいです。

同シリーズの「篁唯依」には刀と鞘が付属していますので、
そちらと比べてもボリューム的に見劣りしてしまいます。
ドラグノフ狙撃銃でもあれば良かったかもしれません。
(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32S261EM3IDI8/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00B8FFX6C)

関節稼働フィギュアとしては申し分ないと出来栄えということなのですが、付属品が少し寂しいという評判が多いようです。

<メーカー>
マックスファクトリー

<価格>
5,830円
この製品のリンクは右です。”https://www.amazon.co.jp/dp/B00B8FFX6C”

コトブキヤ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス クリスカ・ビャーチェノワ -紅蓮-

コトブキヤ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス クリスカ・ビャーチェノワ -紅蓮-
(出典:Amazon)
<特徴と評判>
1/7スケールのPVC塗装済み完成品です。クリスカの誕生日イラストをもとに、クリスマスビキニ姿のクリスカを再現!!コトブキヤらしい、リアルな存在感があり、同時に煽情的な表情が見れる逸品となっております。後ろから見ても、前から見ても満足の造形です。
購入した皆さまの評判も高いです。

タイトルの通りかわいくてエロいです(*^O^*)
顔はとても美人顔をしています。イーニァがかわいい顔立ちに対し、クリスカは美人さん、と違いがはっきり出ています。
おぱいはすんごくデカイ。1/7サイズでは最大クラスでしょう。形がとても良く、イーニァよりもおぱいはいいですね。ぽちっとなっていないのでしっかりした素材なんんでしょう(設定の話)
肌のシャドウはコトブキヤさんには珍しく、ピンク色を使用しています。
帽子、台座、水着と赤系で統一されていてこの辺もエロさセクシーさが増してます(;’д`)
(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1M49DH33TG2WB/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B007HHPBK8)

<メーカー>
コトブキヤ

<価格>
7,700円
この製品のリンクは右です。“https://www.amazon.co.jp/dp/B007HHPBK8”

クリスカ・ビャーチェノワ ランジェリーver. (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)

クリスカ・ビャーチェノワ ランジェリーver. (17スケール PVC製塗装済み完成品)
(出典:Amazon)
<特徴と評判>
色白のクリスカが、黒い下着をつけているコントラストが良い品になっております。そのポーズも前かがみになっているので、胸の大きさが強調されていい感じ。独立したパーツとしてついてきている、ドラグノフの大きさがクリスカの女兵士感を強調していて魅力的です。
購入された方からこんな声もありました。

お値段の割に作りが細かく、女性らしいラインが忠実に再現されています。
付属のドラグノフは完全に別パーツで、商品写真はクリスカにもたれさせてあるだけ。特に接続部分などはありません。
個人的に気になったのはランジェリーの模様。商品写真だと綺麗に見えますが実際は模様がしっかり浮き出た作りとなっており、凸凹感が結構あります。
それでもお値段に充分見合う商品と思い☆4をつけさせていただきました。
(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2LAQKMJVXSH48/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B004KSQZLG)

満足度の高い逸品となっているようです。

<メーカー>
アルファマックス(ALPHAMAX)

<価格>
7,480円
この製品のリンクは右です。”https://www.amazon.co.jp/dp/B004KSQZLG”

マブラヴオルタネイティヴ トータル・イクリプス クリスカ・ビャーチェノワ バニーVer. 14スケール PVC製塗装済み完成品

マブラヴオルタネイティヴ トータル・イクリプス クリスカ・ビャーチェノワ バニーVer. 14スケール PVC製塗装済み完成品
(出典:Amazon)
完成度の高いバニーverのフィギュアです。
Amazonから28,780円です。

クリスカ・ビャーチェノワ 国連軍イージージャケットver.

クリスカ・ビャーチェノワ 国連軍イージージャケットver.
(出典:スカイチューブ)

国連軍のイージージャケットを羽織ったバージョンです。
お値段7400円
http://skytube.jp/item/ax0081cryska.html

マブラヴ・オルタネイティヴ トータル・イクリプス: クリスカ・ビャーチェノワ 衛士強化装備 バージョン 17 PVC フィギュア

マブラヴ・オルタネイティヴ トータル・イクリプス: クリスカ・ビャーチェノワ 衛士強化装備 バージョン 17 PVC フィギュア
(出典:Amazon)

クリスカのフィギュアで1番定番なバージョンです。
Amazonからお値段8500円。

イーニァ・シェスチナの衛士強化装備フィギュア

もちろん、スカーレットツインであるイーニャの立体造形製品も出ています。ぜひ手に取って楽しんでください。下記におすすめをまとめました。

コトブキヤ トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ 衛士強化装備 1/7スケール PVC塗装済み完成品

コトブキヤ トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ 衛士強化装備 17スケール PVC塗装済み完成品
<特徴と評判>
1/7スケールの塗装済みフィギュアです。イーニャ・シェスチナが衛士強化装備でがれきに腰かける姿は、アニメ・ゲームで見てききたイーニャがそのまま立体化したような印象を受けます。薄紫色の長髪が風にたなびいている様子もリアルで、衛士強化装備の硬質的な雰囲気もよく再現されています。ただ、すこし本編と違って女性らしさが強調されているかもしれません。購入した方々からはこんなレビューがついています。

写真を見てまず思ったことは髪の流れている感じが凄いと思いました。個人的に腰と臍の当たりにグッときました。表情も神秘的な感じで素敵です。
レビュー(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RZO8MYR8RZ3S9/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00CJ5MZMU)

<メーカー>
壽屋

<価格>
5,980円
この製品のリンクは右です。”https://www.amazon.co.jp/dp/B00CJ5MZMU”

コトブキヤ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ -紅蕾- 1/7スケール PVC塗装済み完成品

コトブキヤ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ -紅蕾- 17スケール PVC塗装済み完成品
(出典:Amazon)
<特徴と評判>
イーニャの白いスクール水着姿が印象的な製品です。アージュ公式発表の誕生日イラストがベースになっているようです。イーニャの姿勢のせいで、柔らかそうな体のラインが強調されているマニア垂涎の逸品です。購入された方からこんな声もありました。

髪の毛がとてもリアルに表現されています。
とても可愛い表情です。
レビュー(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RPH2HH5TSPFP/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B007BLIE04)

これは下から眺める様に飾るのが正規?とてもエロエロでgood
レビュー(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RSPJHXNTAWZG0/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B007BLIE04)

満足度の高い逸品となっているようです。

<メーカー>
壽屋

<価格>
7,480円
本製品のURLは右です。”https://www.amazon.co.jp/dp/B007BLIE04“

トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ -SUKUMIZU-

トータル・イクリプス イーニァ・シェスチナ -SUKUMIZU-
(出典:Amazon)
<特徴と評判>
1/7の塗装済みフィギュアです。アニメ第七話でみることができたイーニャのスクール水着姿が完全再現されています。実は、上にあげた製品の姉妹製品になります。紺色のスクール水着とニーハイに、白い柔らかそうな肌と薄紫色の髪まで細かく造形が作りこまれています。しかも、自分の手で「いーにぁ」と可愛く書かれたゼッケンをみなさんの手で貼り付けることまで可能。購入した人からはこんな声が出ています。

こちらは限定版ということで白スクから普通の紺色のスク水とニーソになっています。通常版の方は持っていないのですが写真を見た限り、違いはスク水とニーソの色とゼッケンがついてくるという点でしょうか。個人的に白よりこちらの方が好きなのでこちらを買いましたが、通常版も欲しくなりました。
レビュー(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R144KBNDAOA058/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00DAYLLBA)

<メーカー>
壽屋

<価格>
9,800円
この製品のリンクは右です。”https://www.amazon.co.jp/dp/B00DAYLLBA”

まとめ

クリスカは、トータル・イクリプスの悲劇のヒロインです。当初は、篁唯依がメインヒロインに見えたこの作品で、後半からメインヒロインの座に上っていきます。しかし、それは彼女がポジティブな活躍をしたことによって生じたものではありませんでした。ユウヤと同じ「出生」からくる苦しみへの共感、クリスカを襲う処刑という悲劇からでした。結局、クリスカは幸せな人生を味わうことはできませんでしたが、死の直前に自分の幸せを少し味わうことができたのが唯一の救いでしょうか?美しくはかないクリスカが活躍するエピソードの詳細は、ぜひゲームをプレイして確認してみてください。

おすすめの記事