すかすか
出典:公式サイト

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」が気になっていますね?

長過ぎるタイトルが特徴的な本作は通称「すかすか」と呼ばれているラノベ原作の2017年春アニメです。
2019年5月現在、放送から丸2年が経とうとしていますがヒロインのクトリネフレンが可愛すぎたこともあり、私の中ではいまだに色あせていません。

今回はこれからアニメ「すかすか」を視聴しようかなと興味を持っているあなたに、本作の魅力、登場人物をご紹介します。

この記事を読めばすかすかの放映当時からの情報がすべてわかります。

記事の後半では感想ネタバレ原作アニメの比較などもしています。
アニメを視聴済みでその後どうなったのか気になっている方も、原作を元に考察しているのでお楽しみに。

すかすか(アニメ)ってどんな話?5分でわかる解説


(引用:ピクシブ百科事典
「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?(通称:すかすか)」ってどんなお話なのでしょうか。

すかすか(アニメ)のストーリー

 

地上を正体不明の怪物である〈獣〉たちに蹂躙され、
人間を含む多くの種族が滅ぼされた後の世界
かろうじて生き残った種族は地上を離れ、
浮遊大陸群(レグル・エレ)と呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしていた。
500年後の空の上で目覚めたヴィレム・クメシュは、守りたかったものを守れず、
それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたが、
思いもよらず始めた兵器管理の仕事の中で、ある少女たちと出会う。

引用:公式サイト

すかすか(以下すかすか)は「終末もの」です。

かつて神すら倒したと呼ばれる人間は「獣」という存在に滅ぼされ、そこから500年以上の時が経過。
地上が滅ぼされた後、残されたわずかな種族は「浮遊島」と呼ばれる浮島で生活するようになりました。

終末もの・・・つまり終わりかけている世界の物語です。

すかすかでは、獣の脅威により緩やかに崩壊へ向かう世界が描かれています。

設定や世界観が作者の世界観を反映したファンタジーなんですけど
キャラやストーリーが魅力的だと、ここまで素敵な作品になるんだ!と驚かされた作品。

とにかく絵がきれい、作画がきれいで何度でも見返せますね。

キャラクターの設定はというと

残存した獣と戦う兵器として「妖精兵」が採用されており
古代の生き残りであるチート主人公がかっこよく活躍するお話です。

妖精兵は「女の子」だけど「兵器」という設定です。
設定の元ネタは最終兵器彼女かな?と思うんですが、個人的にはすかすかの方が好きですね。

それはなぜなのか・・・具体的にみていきましょう。

主人公ヴィレム・クメシュは人間族の生き残り(童女趣味の疑いあり)

ヴィレム・クメシュ
(出典:3話)

獣が登場し数日で地図から島が2つ消え、週が開ける頃には国が5つと島が4つ、海が2つ消え、次の週が空ける頃には地図は意味をなくし、そう時を待たずして人間は消滅した。
(10話より)

すかすかの世界では獣によって人間族は滅びたことになっています。

主人公の青年ヴィレム・クメシュとある理由で500年後に目覚めるのですが
知り合いも大切な人もみんないなくなってしまった世界で一人目を覚ます孤独がなんとも切ない。

獣をばらまいたのは人間族ということになっているため、角や牙のない人間のような容姿は「印なし」と呼ばれ他の種族から嫌われています。

ヴィレムはそんな世界で生きる意味を見失っていましたが自分の強さを活かすファンタジー職業につくことになりました。
その職業とは「軍人」です。軍人は獣と戦う職業で、徐々に自分らしさを取り戻してゆきます。

ちなみにヴィレムは童女趣味との疑いがあります。

軍人ヴィレムは獣と戦う「兵器」の管理を任されることになるのですが・・・。

すかすか(アニメ)は妖精兵「クトリ」のかわいさで成り立っています!

クトリ かわいい(出典:Twitter)

すかすかという作品で言えることはとにかくクトリがかわいい!ということです。

とにかくすかすかという作品の9割はクトリのかわいさで成り立っている

・・・と断言できるくらいこのキャラクターが可愛すぎる。

上記のスプーンもしゃもしゃしてるのがクトリことクトリ・ノタ・セニオリスです。

こんなかわいい容姿ですが、実は兵器なんですってよ。

信じられますか奥様!?・・・はじめは私は信じられませんでした。

繰り返しになりますが、クトリことクトリ・ノタ・セニオリスが超絶かわいいです。

では何がそんなにかわいいのでしょうか。

クトリ・ノタ・セニオリスはムッツリすけべな妖精兵

妖精兵 レプラカーン

(出典:2話より)

その兵器は古来から人間族の真似をしてきた妖精「レプラカーン」という種族
人間にしか使えないはずの古代兵器を唯一、人間の代わりに使える兵器なのです。

すかすかでは「獣」と戦うための兵器「妖精兵」が存在しているという話をしました。妖精兵に選ばれるのは人間族が滅びた世界で、人間族にしか使えなかった古代兵器を唯一使えるクトリ達「レプラカーン」という種族。

妖精兵というのは「兵器」なので、自滅を覚悟を決めて戦場に赴いているのです。戦時中の日本みたいに、戦で散ることを誉(ほまれ)とし、敵前逃亡は恥という価値観を持っているのです。

もちろんクトリも死を覚悟して「命短き恋せよ乙女」と言わんばかりに僅かな青春を駆け抜けようとしようとしています。

・・・ここまでは、まぁただの女の子キャラなんですが、実は彼女は大事件を引き起こします。
※ここからは作中の描写を含みます

実はクトリは・・・ムッツリスケベなんです。

歴史に残るアニメ「すかすか」の名場面その1:「キス・・・させろとか言ったらどうする?」からの→「うるさい!キスしないなら触るな!」

こちらがそのシーン。
自爆覚悟の作戦のためあと5日で死ぬという状況。

この世に思い出を残したいクトリはヴィレムにとあるお願いをします

そのお願いとは・・・。

キスさせろとか言ったらどうする?
(出典:2話)

ク「ね、ねぇ・・・もしもよ。」
ク「私が後5日で死んじゃうとしたら」
ク「もうちょっと優しくしてくれる?」

~~~中略~~~

ク「そういうことだから最後のお願いとか聞いてくれる気になった?」
ヴィ「内容によるな」

ク「そうね・・・例えば」
「キスさせろとか言ったら どうする?」

沈黙
出典:2話

そのお願いとはチッス(キス)です。

笑ってはいけませんが、
自爆を5日後に控えた最後のお願いが「キス」です。

なんか清純そうな見た目をしてめちゃくちゃエッチな女の子なんでしょうか

赤面不可避です。

しかも。

キスしないなら触るな(出典:2話)

ク「うるさい!キスしないなら触るな!!
出典:2話

チッスしない雰囲気出したら、めちゃくちゃごね始めました

何いってるのこの子wwwww

クトリさんチッス強要しちゃってますw。

だって何でこんなに面白いかって。

クトリ お姉さん(出典:2話)

いやいやあんた、3秒前まで子供に厳しいこと言うてたやんwwwww

クトリはこども達の前でしっかりもののお姉さんを演じてるんです。

キスさせろってなんやねんww

ヴィレムの前では、キスを強要しはじめる???

このシーンはアニメ史上に残る名シーンと呼んで良いのではないでしょうか。

ちなみにこの発情は魔力中毒の典型的な症状らしく
後でヴィレム流マッサージで骨抜きにされてしまいます。

魔力中毒 マッサージ

何やこのかわいい生物wwwwwww
いったい誰が発明したんですかね。

ほっぺぷにぷにしたいね。

そして果たして最後のお願いの結果は・・・?
紳士ヴィルムはどのように対応するのか。

(チッス)キスしたのか、していないのか!?!?気になる結果は本編でご覧ください。

すかすかアニメ版はU-NEXTのトライアルを利用すれば無料で観られます。

 

 

歴史に残るアニメ「すかすか」の名場面その2:怒った顔も様になる

兵器であるクトリは怒った顔や凛とした表情も様になります。

古代兵器カリオンを持って戦う姿が美しいです。

まさに戦場に咲く一輪の薔薇(バラ)

戦闘 準備運動(出典:3話)

ヴィ「ちょいと、朝の運動に付き合え」
ヴィ「腕を見てやるかかってこい」
~~~中略~~~
ク「君に私達の何がわかるっていうの?」
~~~中略~~~
ク「認めない。認めちゃいけない。私達の今までが間違ってたなんて」
出典:3話

妖精兵としての戦い方を否定されたクトリですが
人間族最強のヴィレムには勝てません。

何度も立ち向かうも膝をつかされてしまいます。

クトリ 怒る(出典:3話)
自分が時間をかけて、やっと決めた覚悟を踏みにじられたと感じたクトリは
ヴィレムに対して敵意をむき出しにします。

見てください。この怒りに満ちた表情。

・・・真剣な顔かっこいい。

クトリ 切り込み
(出典:3話)

クトリ・ノタ・セニオリスの切ない・かわいいセリフ集

クトリ 切ないセリフ
(出典:Twitter)
アニメ版すかすかでは兵器としての宿命を背負わされたクトリ達が懸命に生きる姿が描かれています。
特にクトリは青春したいと強く望んでいるので、等身大の女の子としての生き様があらわれているように思います。

そんな彼女のセリフが可愛かったり、切なかったりします。

「私たちがあなたの言う特殊な兵器」
「それじゃ明日からよろしく、私たちの管理者さん」
(出典:1話)

「だったら安いうちに買い占めなさいよ賢い買い物の基本でしょ!」
(出典:2話)

「へーん、めいいっぱい素直にしてるわよ」
「それくらいわかれ、バカ」
(出典:3話)

「戦いたかったんでしょ?」
「どういうつもりかは知らないけど、もうやめて」
「君はもう戦はなくていい」
「君の戦いは私、私たちが全部引き継いだんだから」
(出典:5話)

「恋してますから」
(出典:5話)

「待ってるから、ちゃんと帰ってきてよね」
(出典:5話)

「だから初めて好きになった相手が君なのは当たり前のこと」
「そんくらい気付けバーカ」
(出典:6話)

「それすごく嬉しいけど」
「プロポーズとかじゃないんだよね」
(出典:7話)

「この壊れかけの自分は今でもまだクトリと呼べるもの」
「苦しくて辛くて悲しくて寂しい」
「でもそんな気持ちも今は大切にしたい」

「この気持ちすら消えてしまったときは」
「私が完全になくなってしまうだろうから」
(出典:9話)

ヴィレムもクトリに支えられ、クトリもヴィレムを好きになる。
ファンタジー世界ならではの美しいロマンスに注目です。

ネフレン・ルク・インサニア!すかすか(アニメ)の半分はネフレンでできている

ネフレン・ルク・インサニア(出典:アニメトリー

すかすかのもうひとりのかわいい生物はネフレンことネフレン・ルク・インサニア
作中では縮めて「レン」と呼ばれています。

ネフレンもとにかくかーわいい。
すかすかの半分はネフレンの可愛さで成り立っていると言っても過言ではありません。
お小遣いあげちゃおっかな。

餌付けされるネフレン。マイペース。

ネフレン 餌付け

たまに変顔するネフレン。マイペースですが、たまに慌てます。そこもかわいい。

ネフレン 焦り

そして・・・妖精兵としての覚醒モードはかっこいい。

ネフレン マジモード

ネフレンってちっちゃくて小動物みたいな見た目をしてるんですが中身はかなりしっかり者で、仲間想い。

クトリが死ぬ間際に青春したいと願ったのに対して
ネフレンは兵器としての運命を受け入れています。

自己犠牲をいとわない芯の強い女の子です。

獣があらわれても、進んで身体を張って皆を逃がそうとします。

「ヴィレムはこんな感じ」
「一生懸命で一直線、危なっかしくってほっとけない」
(出典:4話)

「ヴィレムは温めてあげた方が安心する」
「まだ強がってる」
(出典:5話)

仲間想いの優しい性格で
ちっちゃいのにお姉さん基質なところもネフレンの魅力です。

すかすかには個性的なキャラがたくさん

クトリとネフレン以外にもすかすかのキャラはとにかく個性的で魅力的。

アイセア・マイゼ・ヴァルガリス

アイセア
(出典:3話)

黄金妖精(レプラカーン)の少女。
聖剣ヴァルガリスの適合者。ムードメーカーで明るく気さくな女の子。
クトリの恋のサポート役や精神的な支えにもなってくれる。

・・・実は暗い一面も抱えているらしい。

ナイグラート

ナイグラート
(出典:1話)

妖精倉庫の管理人。人間や他の種族を食べるトロール(人食い鬼)。
子供をしつける時は「食べちゃうわよ」と笑えない冗談を言う。

ヴィルムのことを食べようと狙っている。
ヴィルムには一目置いていて、家庭を持ってもいいかなと思っている。
クトリからは大人の女として見られているため、恋愛面では敵視されている。

グリック・グレイクラック

グリック
(出典:Twitter)

緑鬼族(ボーグル)の青年。サルベージャーとしてロマンに生きている。

死んだように生きているヴィレムを気に掛ける。
兵器の仕事を紹介して、クトリ達に会うきっかけを作ったのもグリック。

ノフト(ノフト・ケー・デスペラティオ)とラーントルク(ラーントルク・イツリ・ヒストリア)

ノフト ラーントルク
(出典:10話)

地上にて別行動をしていた妖精倉庫のレプラカーン。

ノフトは単発ボーイッシュ。聖剣ディスペラティオの使い手。
ラーントルクは思慮深く大人びている。聖剣ヒストリアの使い手。

ラーントルクは獣が発生した真実を知るために古文書を読んでいる。

ちなみにラーントルクもヴィレム流マッサージの餌食になります

ラーントルク マッサージ
(出典:10話)
こうしたキャラのかわいさ、面白さが魅力。

すかすか(アニメ)の見どころはキャラだけじゃない!

ファンタジー要素盛りだくさんのアニメ版すかすかにはキャラ以外にも見どころがあります。
原作未視聴の方のためにご紹介します。

ヴィルムは戦いの中でかつての戦友達と再開

500年の時を経て、かつての仲間と再開する瞬間がファンタジーならでは。

スウォン・カンデル

スウォン500年後
(出典:6話)

かつてのパーティメンバー。
500年後の世界では大賢者と呼ばれる存在に。

ヴィレムの強さには一目置いている。

500年前の戦いで命を落としかけるも
自分に呪いをかけて生命の形を変質させて生存させる(不死身になる)

獣に滅ぼされそうになった地上から強大な魔力で生き残った人間を空に避難させる

いつか地上を取り戻したいと考えている。
黄金妖精(レプラカーン)を作ったのもスウォン(と下のイーボンキャンドル)。

イーボンキャンドル

500年前のラスボス的存在。
勇者ヴィレムと死闘を繰り広げ、身体を失う。
ヴィレムは勝利と引き換えに長い眠りに就くこととなる。

イーボンキャンドル500年後
(出典:6話)
500年前はこんなに大きかった。
イーボンキャンドル500年前
(出典:6話)

獣の謎:なぜ獣は生み出されたのか

5体目のレプラカーンであるラーントルクは獣の真実を知りたい子。

・なぜ地上は滅びたのか
・なぜ獣は発生したのか

に興味を持ち、獣の真実を追いかけます。
すかすかはキャラだけではなくこうした謎の探求も面白みの1つです。

ある日、自分が自分ではない他の誰かに入れ替わってしまう恐怖

妖精兵の運命。
自我の崩壊。記憶が消えて誰か違う人になってしまう。

怖・・・。

入れ替わりは個体によって差があるため、明確なタイムリミットはわからない。
前世の記憶に徐々に自我が侵食されていく恐怖がしっかりと描かれています。

 

アニメすかすかはU-NEXTのトライアルから無料で観られます。
17315

 

 

すかすか(アニメ)の続きを原作から考察

ここからはアニメを視聴した人向けに「原作」との違いや解釈を踏まえてさらにすかすかの魅力を深掘りして行きたいと思います。

すかすかはラノベ原作アニメ

すかすか 原作小説
(出典:Twitter)

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」は
枯野 瑛 (著)、ue (イラスト)で角川スニーカー文庫から発売されているライトノベルです。

2019年5月現在

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
1~5巻(完結)

終末なにしてますか もう一度だけ、会えますか?
1~7巻(続刊)

となっています。
「すかすか」の原作は完結しているようですが、続編の「終末なにしてますか もう一度だけ、会えますか?
通称「すかもか」は発売されているようです。

アニメは原作で言うと何巻まで?

アニメは原作で言うところの3巻のラスト手前までだそうです。
(買うなら3巻から)

なのでアニメを視聴して、原作のファンになった方は小説の方でも2巻分以上はすかすかの世界観を楽しむことができます。

「すかもか」と「すかすか」は別物?

すかもかはすかすかのラストから5年後の世界が描かれています。
ただし、すかもかの1巻の時点ではヴィレムやネフレンなどは登場しません。

ヴィレムの功績により黄金妖精(レプラカーン)の扱いが徐々に見直される世界で

堕鬼種の少年「フェオドール」が主人公。
ちびっこの一人「ラキシュ」がヒロインとなっているようです。

アニメファンであれば第一世代のキャラをもう一度みたいという気持ちも強いと思います。
彼らが再登場するのかどうか、すかもかの原作を購入して確認してみてください。

すかすかの「アニメ」と「原作」の違い

すかすかを二倍楽しみたい人のために原作小説やそこで語られる真相についてご紹介します。

・1巻の巻末にある特大ネタバレがカット
・面白さを損なうような状況説明や心理描写はアニメ版でも大きくカットされなていない
・アニメ版と原作小説ではクトリ・ネフレンのルートが異なる?

アニメ中の3大謎キャラ「エルク・リーファ・アルマリア」のネタバレ

エルク リーファ
(出典:6話)
ここからは「終末何してますか?」の原作を含めた世界観全体に関わるネタバレを含みますのでご注意ください

アニメでは伏線などが多く、難しい部分もありました。
ヴィレムの回想やクトリの夢の中に何人か女性が登場したのを覚えていますか?

実は彼女達はすかすかの物語全体のカギを握る重要なキャラクター達なのです。

アニメでは詳しい説明がありませんでしたが、ここからは原作ネタバレあり3人の謎キャラと物語全体の解説をしていきます。

エルク・リーファ・アルマリアについて

3大謎キャラについて見ていきましょう。

エルク(クトリの魂に入ってくる子供)

エルク 星神

(出典:6話)
アニメ後半でクトリの髪が赤くなり、徐々に記憶が失われ始めました。
その時、クトリの中に入ってきた「エルク」という少女。

この少女、実はただの女の子ではありません。
この子の正体は星神と呼ばれる太古の昔に人間を生み出した特別な神様なのです。

500年前、増えすぎた人間を滅ぼそうとした星神でしたが逆に人間の勇者に殺されてしまいます。
エルクが少女の姿で現れているのは、子供のまま殺されてしまったからなのです。

リーファ(ヴィレムのパーティ、クトリの夢に入ってくる女の子)

リーファ

(出典:6話)
クトリの夢に急に入ってきた女勇者。
彼女はリーファと呼ばれる500年前最強の勇者と呼ばれた女勇者でした。

ヴィレムとスウォンと3人でパーティを組んでいました。

リーファは正規勇者、ヴィレムは準勇者というランクに差がありましたが
お互いに尊敬し、慕っていたようです。

エルクはリーファにとどめを刺されますが
この時のリーファは大好きなヴィレムのためという想いが強かったようです。

ちなみにリーファが使っている聖剣セニオリスは後にクトリが使用することとなります。

アルマリア(ヴィレムを夢でお父さんと呼ぶ女の子)

アルマリア

(出典:5話)
ヴィレムの夢や回想に出てくる女の子。
彼女は「アルマリア」。

実は17種の中でも最強の月に嘆く最初の獣(シャントル)の正体です。
ヴィレム達の帰りを待っており、原作では地上でヴィレムとネフレンを偽物の精神世界に閉じ込めます。

獣・人間・星人・・・?アニメでは語られない星人とは

アニメでは人間がバイオハザードで人間から獣になったみたいな説明がありました。
でも原作を読むと、さらに驚きの事実が隠されていることがわかります。

その事実とは

実は人間が獣から生み出されたという事実です。

・・・逆なのです。

人間が、人間を獣にしたのではなく
獣から人間が生み出されたということらしいのです。

どういうことなのでしょうか・・・?

実はすかすかの星は太古の昔もともと「獣だけが住む星」だったようなのです。
「エルク・ハルクステン」と「ニルス」という二人の星神が降り立ちます。

二人の星神は彼らの「魂の欠片」と「17種の獣」をかけ合わせて人間族を作ります。

ですからアニメでは獣の正体は元人間という描かれ方なのですが
同時にそもそも人間は獣なのです。

ヴィレムももともとは獣だったということです。

人間が増え過ぎると、星神の力が及ばなくなってしまうこともあり
星神は増えすぎた人間を滅ぼそうとしますが、逆に人間であるリーファに殺されてしまったということなのです。

クトリとネフレンは死んだの?アニメと原作で考察

アニメを視聴して多くの人が気になることと言えば
クトリとネフレンが死亡したのかどうかということではないでしょうか。

・アニメで遺影は映されていたものの本当に死んだのか?
・実は、地上で生きているのではないのか?

と希望を持つ人も多いと思います。

実際はどうなのでしょうか?

アニメラストの解釈

アニメラストではクトリと同じ青い髪の赤ちゃんを抱き上げる女性らしき人の描写がされていました。
これに対しては二通りの解釈ができると思います。

①生まれ変わり、クトリとヴィレムは来世でまた結ばれる
②クトリがこの世界に生まれた時、抱き上げているのは今は亡き先輩妖精兵たち

アニメ版ではここまでしか解釈ができませんね。
①であれば悲しいけれど、素敵な結末でしょう。

原作ではクトリ死亡、ネフレン・ヴィレム生存

原作を読むとわかりますが

クトリは死亡します。これは亡骸も回収されているため確定です。
ただし、ネフレンは生きています。

ネフレンとヴィレムは500年前とそっくりに作られた偽物世界に閉じ込められているだけで死んではいません。
これが原作すかすかの4巻からの内容です。

アニメすかすかの二期は?放送予定はある?

ここまですかすかの魅力やネタバレを観てきましたが、アニメ二期の放送はあり得るのでしょうか。
アニメ二期の放送があるかどうかの判断基準となるのはDVDやブルーレイの売上枚数です。

調査した結果、すかすかの3巻までの売上枚数は以下のように1,000枚台と超絶不発に終わっている模様。

1巻:1,434枚
2巻:1,437枚
3巻:1,355枚
参考:http://goddy-layout.com/sukasuka-2/

この枚数では二期の制作は絶望的と言えるでしょう。

・・・では、諦めるしかないのでしょうか。

そうとも言い切れません。

続編であるすかもかの発刊は現在7巻ですかすかの5巻よりも続いています。
このまま続編が売れてくれれば、すかもかで二期制作ということもありえるでしょう。

なので、現時点ですかすかの二期はわかりませんが、すかもかでアニメ制作は可能性があるかもしれません。
最近、アニメ業界では置きにいってる傾向もありますし、すかもかに脚光が集まることも十分にありえるのではないでしょうか。

まとめ

今回は放送から2年経った「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」通称すかすかの魅力や登場人物、ネタバレなどをまとめました。
アニメ2期があると嬉しいですよね。原作や続編すかもかの売れ行きによっては可能性もゼロではありません。

おすすめの記事