日野美羽
(出典:Twitter)

日野美羽は「蒼穹のファフナー」の劇場版「HEAVEN AND EARTH」から登場する女の子です。最初の登場時はまだ2歳で、そこから彼女がどのように成長していくのかエピソードを交えて紹介します。また美羽は他の人間には無い特殊な能力を持っており、それが主人公達の行動にも大きな影響を与えていきます。日野美羽の魅力や能力を知ることで、さらに「蒼穹のファフナー」への理解が深まり、魅力を知ることができます。

【蒼穹のファフナー】日野美羽とは

蒼穹のファフナー 日野美羽

日野美羽は「蒼穹のファフナー」劇場版「HEAVEN AND EARTH」から登場する女の子です。日常的にクロッシング(脳神経を通しての交信)が出来るという特殊な能力を持って生まれた彼女は、ストーリーの展開にも、主人公達の行動にも大きな影響を与えていきます。

蒼穹のファフナー

蒼穹のファフナー
(出典:Amazon)

「蒼穹のファフナー」は2004年から放送されているアニメシリーズです。主な舞台となる人工の島、竜宮島に住む子ども達が、島に攻めてくる未知の生命体フェストゥムから島を守るために、巨大ロボット兵器、ファフナーに搭乗して戦う物語です。

年齢

日野美羽の年齢は、一番最初に登場した「HEAVEN AND EARTH」では2歳でした。
最新の3期「THE BEYOND」では9歳となっています。

誕生日

日野美羽の生年月日は 2147年4月1日です。

声優

諸星すみれ
(出典:劇団ひまわり)

日野美羽の声を担当している声優さんは諸星すみれさんです。劇団ひまわりに所属しており、子役時代から様々な作品に出演している役者さんです。

代表作は
・「アイカツ!」星宮いちご 役
・「東京喰種」笛口雛実 役
・「ハイキュー!!」谷地仁花 役
・進撃のバハムート VIRGIN SOUL「ニーナ・ドランゴ」 役

などがあります。

2歳の日野美羽の声を担当したのは、諸星すみれさんがまだ10歳くらいの頃です。
2期のbeyondでもまだ15歳くらいですが、子役とは思えない巧みなお芝居を見せてくれています。諸星すみれさんの若く瑞々しい声と、日野美羽の幼く自分に素直なところがとてもピッタリ合っています。

日野美羽は世界最高のエスペラント


(出典:EXO#6)
日野美羽は両親のフェストゥム因子の影響で他の人間とは違った能力を持って生まれました。成長が早いということと、生まれながらにフェストゥムの言語と感情を理解しており、日常的にクロッシング(交信)が可能であるという点です。ここでは美羽のクロッシングについて紹介します。

島とクロックシング

日野美羽がクロッシング(交信)が可能なのは、敵であるフェストゥム、竜宮島のミール、遠く離れた場所にいる同じくクロッシング能力を持つ少女など多岐にわたります。美羽はクロッシングの事を「お話」と言い現します。あくまでも「お話」という点にこだわり、島に攻めてきたフェストゥムの群れと話をして、島を去ってもらったり、敵であろうとお話をすれば分かってもらえる、仲良くしたいと考えています。美羽のようにクロッシング能力を持つ者をエスペラントと呼びますが、美羽はその中でも世界最高クラスの能力を持っています。

日野美羽は日野道生と日野弓子の娘

日野道生 日野弓子
(出典:はてなブログ)

日野美羽の父親は日野道生、母親は日野弓子です。遠見真矢の姪になります。美羽の父親と母親は、人間の受胎能力が失われた日本で、人工子宮を用いフェストゥム因子を移植されて生まれた世代です。日野美羽はこの両親から、島で初めての自然受胎により生まれました。両親の持つフェストゥム因子の影響で成長が早く、生まれながらにフェストゥムの言語を理解し、日常的にクロッシングが出来るという特殊能力を持っています。

蒼穹のファフナーシリーズの日野美羽まとめ

日野美羽が初めて「蒼穹のファフナー」シリーズに登場したのは、まだ2歳という幼い頃です。最新のthe beyondでもまだ9歳という年齢です。年齢は低いのですが、成長が早いという体質であるため、その見た目に反して言語が発達し様々な場面で日野美羽の発言はストーリーに影響を与えます。ここでは、各シリーズでも日野美羽の動きを紹介します。

HEAVEN AND EARTH


(出典:wikiwiki)
まだ2歳という年齢にもかかわらず、言語が発達し絵も上手に描くことができます。フェストゥムに対して恐怖心を持っておらず、島に攻めてきたフェストゥムと「お話」をするなど、彼女の持つ人間とフェストゥムとの垣根を越えた対話の力が、人類存続のための大きな希望となりました。

EXODUS


(出典:renote)
遠く離れた地にいるエスペラントとクロッシングをしていたり、美羽の世界最強のクロッシング能力ゆえに人類軍のミールとの対話を求められたり、そんな美羽の様子に母親の日野弓子は心を痛めます。しかし美羽の対話を求める気持ちは強く、人類の希望としてインド・シュリーナガルへ旅立ちます。

THE BEYOND


(出典:Twitter)
初登場シーンではまだ6歳という年齢ですが、かつて真壁一樹の乗っていたマークザインに乗り戦闘に参加しています。3年後のシーンでもまだ9歳ですが、その年齢に反して見た目は中学生くらいの女の子に成長しています。美羽の対話の力はここでも健在で、フェストゥムや皆城総士と話をしてわかり合いたいと思っています。

【蒼穹のファフナー】日野美羽のかわいい魅力4選

日野美羽はシリーズを通してまだ10歳に満たない幼い少女ですが、その見た目はどんどん成長して行きます。しかし、やはり中身は幼い少女なので、少女らしいかわいい魅力は多くあります。ここではそんな、美羽の魅力を紹介します。

初めて見るフェストゥムも怖がらない


(出典:HEVEN AND EARTH)
日野美羽が初めて対面したのは、来栖操というフェストゥムでした。大人達が来栖を警戒している中、表情一つ変えることなく初めて見るフェストゥムと対等に会話をする美羽でした。また、島を襲ってきた大量のフェストゥムとも美羽一人で会話をし、島から撤退させます。敵であるフェストゥムに対し、怖がる様子を見せること無く、自ら会話をさせて欲しいと願い出るほどです。(劇場版 HEVEN AND EARTH)

負の感情には弱い一面

フェストゥムを怖がること無く会話を求める美羽ですが、恐怖や怒りという負の感情には弱い一面があります。これは、美羽が生まれ間もないこと、平和な竜宮島で恐れや憎しみを知らずに育ったことも理由の一つです。2期EXSODUSからは、平和な島を離れ戦渦に巻き込まれます。そこで初めて、フェストゥムの憎悪や敵意を一斉に向けられます。また、フェストゥムだけではなく人間の恐怖心なども感じ取るようになり、怯え疲弊する場面が多々あります。しかし、そんな負の感情に打ちのめされながらも、人々を救いたいという気持ちは決して無くさない美羽です。

自分が消えてでも人類を守りたいという優しい気持ち

フェストゥムの来栖操は人間に敵意はありませんが、強い力を持つ美羽をいつか食べたい(同化したい)と純粋に思っています。美羽はそんな来栖と「(世界中の)誰も悲しくて痛くなくなったら美羽を食べていいよ」と密かに約束をしていました。この契約により、来栖の助けを得て無事にみな竜宮島へ帰還することが出来ました。この契約は果たされてはいませんが、美羽は純粋にそう思っており、みんなを守りたいという優しい気持ちと責任感に溢れています。

人類はみな家族と思っているような聖母感

敵に対してさえも憎悪の感情を持たない美羽は、当然ですが自分の身の回りの人たちもまるで自分の本当の家族のように接します。おばあちゃんのことは「千鶴ママ」、真壁一騎たちパイロット達は「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼びます。誰であろうと分け隔て無く家族のように接する美羽はまるで聖母のようです。

日野美羽はbeyondからパイロット【搭乗機マークザイン】

3期「THE BEYOND」の初登場シーンでは、日野美羽はまだ6歳という年齢ですが、すでにマークザインに搭乗し戦闘に参加しています。やはり、実年齢とはかけ離れた身体と能力の成長の現れです。この時点で、人類の中で最少年齢のファフナーパイロットということになります。

搭乗機はマークザイン

マークザイン
(出典:Twitter)

日野美羽が搭乗するファフナーはマークザインです。この機体はかつて主人公の真壁一騎が乗っていたものです。真壁一騎がパイロットから引退した後、一騎以外は誰も操縦できないという理由で封印されていました。マークザインは武器を同化して威力を大幅に増大させるなど特殊な力を持ち、他の人間が乗れば一瞬で自分が同化されてしまうような危険な機体なのですが、他の人には無いエスペラントの能力を持つ日野美羽は真壁一騎からこのマークザインを引き継いで搭乗しています。

【蒼穹のファフナー】日野美羽の名シーン

日野美羽は劇場版「HEAVEN AND EARTH」から人類の希望として登場します。それゆえ、以降彼女の発言や行動はストーリーを大きく動かしていきます。ここでは、幼いながらも人類存続の希望となり大人達の大きな期待を背負う彼女の名シーンをいくつか紹介します。

「大きなお船が来るよ」と来栖操というフェストゥムの来訪を予言する


(出典:HEVEN AND EARTH)
まだ2歳の美羽が窓辺で「大きなお船が来るよ」と変わった形の船の絵を描いています。すると後に美羽の描いた絵と同じ形をした大きな輸送船が竜宮島に流れ着きました。美羽は輸送船に乗っている人と話をするように、竜宮島の司令に訴えます。美羽の持つクロッシングの能力を初めて目の当たりにする場面です。
(劇場版 HEVEN AND EARTH)

「おはなし」によってフェストゥムの群れを撤退させる


(出典:HEVEN AND EARTH)
日野美羽が島に攻めてきたフェストゥムの群れを帰らせるシーンです。ただ、美羽が敵と「おはなし」をして帰らせた場面ですが、実はとても複雑なことを美羽はやってのけています。攻めてきたフェストゥムは実は戦闘意思のない個体たちで、命令され戦わされていたのです。その命令系統を理解し、瞬時に大量の命令情報を書き換え、フェストゥム達を戦闘から逃がしていたのです。島の人々だけではなく、フェストゥムまでも救ってしまう、美羽の力に皆が驚愕したシーンです。(劇場版 HEAVEN AND EARTH)

エメリー・アーモンドと出会うシーン


(出典:EXO#2)
竜宮島に美羽と同年代の友達がいないため、遊ぶ時はいつも一人で空想上の友達と会話をしながら遊んでいるようなシーンがあります。それを見て母親の弓子はとても心配をしますが、実際に日本から遠く離れた地にいる美羽と同じ能力を持った女の子エメリーと交信をしていたのです。エメリーと人類軍の軍人が美羽の力を借りるために竜宮島を訪れ、初めて二人は実際に対面します。美羽は交信している時にすでにエメリーの姿を脳裏に捉え絵に描いていますが、エメリーは「いると信じてた」と発言します。ここでも美羽が他のエスペラントよりも高い能力を持っていることが分かります。(EXODUS 2話)

ミールの力で体を急成長させられるシーン


(出典:EXO#6)
エメリーと人類軍に、インド・シュリーナガルでのミールとの対話を求められた美羽はシュリーナガルに赴きます。まもなく地球に襲来し人類に危機を及ぼす可能性のあるミール・アルタイルに訴えかけるために、シュリーナガルのミールを通して対話を試みますが、美羽がまだ幼いために対話は叶いませんでした。美羽は「大きくなればできるのに」と悲しさと悔しさを浮かべます。その思いをミールが汲み取ったのか、その夜に美羽は10歳くらいの体の大きさに急成長します。体が成長したことにより、竜宮島のミールとの交信も可能になり、シュリーナガルの危機には、ミールを通じて島に助けを求めると、真壁一騎らが駆けつけ危機を乗り越えました。
(EXODUS 6話)

まとめ

この記事では「蒼穹のファフナー」シリーズの登場人物の一人、日野美羽について彼女の幼少期からの生い立ちや魅力・能力を名シーンを含めて紹介してきました。劇場版HEVEN AND EARTH以降彼女の持つ能力は、物語を大きく動かしていき、とても大事な存在となっています。また、3期以降も彼女はヒロインの一人としてストーリーに大きく関わってきます。日野美羽を通してこの作品に興味を持たれたなら、ぜひ一度「蒼穹のファフナー」シリーズを見て楽しんでください。

おすすめの記事