anitube

2018年にAnitube(アニチューブ・あにつべ)が閉鎖されました。

Anitube(アニチューブ)は間違いなくアニメブームを加速させる最大手の無料アニメサイト。
当時利用していたであろう多くの若者が閉鎖により露頭に迷ったのではないでしょうか。

「anitube」は無料で手軽なストリーミングサイト。テレビで見逃した放送や、動画配信サービス(hulu・amazonPrimeVideo・U-next)で見られなくなったアニメを、網羅的に再生することが出来ました。閉鎖のニュースを知らなかった人も「Anitubeが見れない?」「閉鎖されたの?」と疑問に思っていたのではないでしょうか。

今回は「anitube」が観られなくなったのか。著作権意識の高まりの背景や、閉鎖理由を振り返りましょう。
手軽に観る事ができる「Anitube」の代わりになるサイトをまとめてご紹介していきます!

「Anitube(アニチューブ)」とは?閉鎖までの経緯は?

Anitubeとは

Anitube(アニチューブ)について簡単におさらいしておきましょう。

「Anitube」とは

「Anitube」は海外のサーバーから日本のサーバーに運用しているアニメに特化した配信サイトです。

このAnitubeでは、日本のアニメはもちろん、海外のアニメなど様々なアニメ動画が無料で再生できました。
人気のアニメ作品が無料でストリーミング出来るので、アニメ好きの間では、かなり知られるサービス。
「あにつべ」「兄つべ」と親しまれていました。

海外サーバーのサイトは摘発しにくい?
海外サーバーを経由したサイトは日本の法律で摘発しにくい現状があります。現に、Anitube以外にも多くの海賊版サイトがありますよね。

Anitubeには、英語・スペイン語・ポルトガル語などの字幕が多く観られました。これは、主にアニメ文化が根強いヨーロッパで利用されているもので、ヨーロッパも多く観られていたと推測できます。

しかし、たとえ字幕を付け足すして、海外サーバーアップロードされようと、知的財産権が侵害されているのは間違いないわけですね。ついにこのサイト上にある大半の動画が、違法に取得された海賊版データであると疑われ、2018年4月に海賊版サイトの緊急対策として、サイトが観られなくなりました

Anitube(アニチューブ)が見れない!閉鎖の経緯は?

anitube閉鎖 日刊工業新聞
(出典:日刊工業新聞

上記の通り、2018年4月に日本政府は、海賊版サイトによる経済的損失に対して、知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で、「インターネットの海賊版サイトに対する緊急対策について」話し合われました。

いったいどんな内容だったのでしょうか。

その会議の中で、運営管理車の特定が困難であり、違法コンテンツの削除ができないサイトに関して、閲覧禁止『ブロッキング』をする事が決定されました。
この中に「Anitube」があり、現在も観られない状況になっています。

法的手続きを行っていない事や、アニメからの過疎化など観点から、この決定を批判する人も少なくありません。

ブロッキングとはわかりやすく言うと
あなたが契約しているプロバイダが「Anitube」を表示できないようにしたということです。
この施策でブロッキングされたサイトは「漫画村」「Anitube」「MioMio」の3サイト

星の数ほどあるサイトの中で、3サイトを名指しの対策が行われたのはとても重大なニュースですよね。

海外版サイト遮断
(引用:平成30年4月インターネット上の海外サイトに対する緊急対策

知的財産に関して政府で会議が行われています。
「漫画村」「Anitube」「MioMio」についても記載されています。

Anitubeの類似サイト?AnitubeX(アニチューブx)とは

類似サイトというより、Anitube復活としたした方がわかりやすいかもしれません。
ワンピース、ナルト、ワンパンマン、ドラゴンボール、などといった人気シリーズはもちろん、今期のアニメも揃っています。
最大の特徴は、作品の豊富さです。しかし、定期的にポップアップが表示されるため、少し不便かもしれません。
アニメが無料で見られるサイトを探しましたが、アニメの数が少なかったり、サイト自体が凍結されてないサイトは「AnitubeX」しかありませんでした。

2020年7月現在、AnitubeXも閉鎖され、さらに後継サイトのwatchanimesも閉鎖されています。

こうした流れをみていると閉鎖→復活→閉鎖……のいたちごっこのように思えますが、閉鎖までの期間は確実に短くなっていることがわかりますね。
このことから海賊版サイトやまとめサイトは確実に厳しくなっていくでしょう。

Anitube(アニチューブ)の代わりになる代替サイト

無料海賊版サイトを紹介しましたが、私は現在使っていません。危険ですし、何が起こるかわかりません。
そんな時にどうすればいいか紹介します。

  1. テレビで観る→見逃しそうな場合は録画する。
  2. 見逃し配信で観る(テレビ局のサイトである場合も)
  3. 有料動画サイトで観る

まず考えられるのがテレビの録画です。地域によっては、映らない場所がありますが、これが一番簡単な方法です。録画に関しても、機能が充実している機器がありますので、撮り逃しも安心です。

見逃し配信は、各テレビ局のサイトに見逃し配信をしている場合があります。しかし、一話目や最終話だけなどの場合があるので、注意が必要です。

私がオススメするのは、有料動画サイトです。
過去のアニメや、最新のアニメを多く扱っており、月額1000円以内で利用できます。有料動画サイトを紹介していきます。

録画もめんどくさかったり、忙しかったりする皆さんに有料動画サイトをオススメします。
安く抑えられますし、オフライン再生ができたりします。

1.AmazonPrimeVideo

一番のコストパフォーマンスを誇るAmazonPrimeVideoです。
登録すると、Amazonのサービスを快適に安く利用でき、動画もオフラインで再生できます。
アニメも豊富で、今期だとワンパンマンが公開されています。

dアニメ

月額400円で、アニメに特化した動画配信サービスです。とにかくアニメが多く、有名どころから、マイナーなアニメまで、痒いところに手が届く所がオススメポイントです。
この安さから想像できないくらいの豊富なアニメ量で、最新アニメがとにかく多いです。

Anitube(アニチューブ)や代わりのサイトの安全性・危険性

Anitube 危険性
Anitubeが閉鎖されてから、類似サイトを探している人や類似サイトでアニメを観ている人が多いのではないでしょうか。
Anitubeのような類似サイトは安全性が確立されていません。ウイルス感染の危険が伴います。

危険1:ウィルス感染

無料サイトで一番問題となるのが、ウイルス感染です。
Anitubeや、その代わりとなるようなサイトのバナーには、色々な危険な仕掛けがあります。動画を閲覧中に、いきなりブラウザにウイルスが感染しましたと警告が出る事や、広告の中にウイルスをタウンロードさせるような仕掛けが仕込まれている場合が多く見られます。

危険2:フィッシング詐欺

もう一つが、フィッシング詐欺です。
Anitubeや、その代わりとなるようなサイトからいきなり違うサイトに飛んで、個人情報を入力するように促される事があります。このようなサイトには、無料な反面、危険が隣り合わせという事を忘れないでください。

海賊版サイトのようなサイトは、なぜ無料で観る事が出来るのしょうか。

「そこには裏がある」と考える方が妥当かもしれません。それは、閲覧している我々が気づかないうちに、メールアドレスの乗っ取りや個人情報が奪われているなど、「Anitube」を観ることで、こういった被害が多く報告されています。一概には、このサイトが原因であるとは言えませんが、可能性は十分ありますよね。

「Anitube」と同じようにブロッキングされた「漫画村」では、『マインドスクリプト』というものが仕込まれていたという報告もされています。ウイルスのように実害伴うような危険はありませんが、パソコンの処理速度を低下させたり、バッテリーの消費スピードを加速させるプログラムが、知らないうちにパソコンに仕込まれる事があります。大きな声では言えませんが、筆者自身も利用した事があり、知らない内に広告をクリックしたり、デバイスが重くなったりと、具体的な症状が出ました。

Anitube(アニチューブ)が復活する?

実は、Anitubeには6つのURLが存在しています。
こうした閉鎖→移管で、Anitubeが復活するという声があります。実際はどうなのでしょうか?

サイトURL 運営開始
http://anitube.net 2007年
http://anitube.tv 2011年
http://anitube.co 2011年
http://www.anitube.se 2013年
https://www.anitube.site 2018年頃?
https://www.anitube.biz 2019年

復活すると言われているのは、一番新しい「anitube.biz」です。
事実としてAnitubeのサイトURLの変遷について記載しますが、
当サイトでは違法コンテンツの視聴はいっさい推奨しておりません

まとめ

無料動画サイト
・「AnitubeX」
有料動画サイト
・「AmazonPrimeVideo」
・「dアニメ」

無料というのは、かなり魅力的ですが、危険を伴います。ウイルスや不具合が原因で、お使いのデバイスが壊れてしまっては、元も子もありません。
ですので、月額が安い有料動画サービスを利用し、安心してアニメを楽しんでください。
画質もいうまでもなく綺麗ですし、オフライン再生ができ(AmazonPrimeVideo)出先でも楽しむことができます。
ぜひ参考にしていただけたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事